1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国際大会
  4. ワールドツアー・ジャパンオープン
  5. ライオンジャパンオープン⑦ 【21歳以下男子】龍崎、高見が準決勝進出

ライオンジャパンオープン⑦ 【21歳以下男子】龍崎、高見が準決勝進出

21歳以下男子シングルス準々決勝では龍崎(明治大)、高見(愛工大名電高)が勝利し、準決勝へと駒を進めた。
 
龍崎が第1シードの何鈞傑に勝利

高見は酒井にマッチポイントを握られながらも逆転勝ち

吉村はフルゲームの熱戦もベスト4入りならず

D.チウは世界ジュニア2位の趙勝敏を破った

 龍崎は第1シードの何鈞傑(香港)と対戦。第1、第2ゲームは互いに取り合い、迎えた第3ゲームは何鈞傑のミスの少ないプレーの前に6-11で落とした。続く第4ゲームも8-9とリードされたが、ここから3連続得点で逆転。最終ゲームは終盤前でリードを許す展開が続くも、7-8からレシーブでフリック強打を決めるなど3連続得点でマッチポイントを握る。10-9と詰められたものの最後を締めて見事、逆転勝ちを収めた。
 高見は酒井にゲームオールの末に勝利。台の近くでプレーを続ける高見が1ゲームを先制するが、酒井も威力のあるチキータで1ゲームを取り返した。第3、第4ゲームも互い取り合う展開となり、迎えた最終ゲームは酒井が中盤までリードを広げる。しかし、ここから高見が反撃。酒井のオープンスペースを突く精度の高いプレーで追いつく。その後、先にマッチポイントを奪われたものの、前陣での正確なプレーを続けた高見が12-10で勝利。日本選手同士の激闘を制してベスト4進出を決めた。
 吉村和弘は林鐘勲(韓国)と対戦したが、ゲームオールの末に敗れた。第1ゲームの終盤でこの試合2度目のフォルトを取られて、それまで使っていたフォアサービスからバックサービスに切り替えた吉村。難しい試合展開の中で柔軟なプレーでゲームを進めたが、勝利にはわずかに届かなかった。もう1つの準々決勝はD.チウ(ドイツ)が趙勝敏(韓国)とのフルゲームの接戦を制してベスト4へ名乗りを上げた。
 


<21歳以下男子シングルス準々決勝>
龍崎東寅(明治大) -8,7,-6,9,9 何鈞傑(香港)
D.チウ(ドイツ) 12,-6,-6,7,9 趙勝敏(韓国)
高見真己(愛工大名電高) 6,-3,9,-9,10 酒井明日翔(明治大)
林鐘勲(韓国) -9,9,13,-8,7 吉村和弘(愛知工業大)


今大会の模様は卓球レポート8月号(7月20日発売)に掲載

公益財団法人日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
ライオン卓球ジャパンオープン荻村杯2017:http://japantabletennis.com/japanopen2017/
国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com/

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事