1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国際大会
  4. 全中国運動大会
  5. 第13回全中国運動会5日目① 〜女子団体は四川が優勝〜

第13回全中国運動会5日目① 〜女子団体は四川が優勝〜

8月28日〜9月6日まで、武清体育センター(武清)にて第13回全中国運動会が開催されている。この大会は4年に1回、40種の競技の中国一が決められる大会だ。中国卓球界ではこの大会の位置づけは非常に高く、レベルの高い争いが繰り広げられている。大会5日目は男女団体の決勝が行われ先に行われた女子は四川が熱戦の末に優勝を決めた。

■女子団体準決勝
 四川 3-1 黒竜江

 郭艶 -2,-2,-5 王曼昱○
○朱雨玲 4,8,8 車暁曦
○范思琦 -10,8,3,-12,8 王璇
○朱雨玲 7,6,-4,-8,9 王曼昱
 郭艶 - 車暁曦

女子決勝は意外とも言える組み合わせとなった。丁寧を擁する北京を破って決勝に勝ち進んだ四川と馮亜蘭を擁する湖北を準決勝で破った黒竜江。エースの朱雨玲の力はずば抜けているものの、2番手、3番手の力が落ちる四川に比べて、黒竜江は世界ジュニア女王の王曼昱に、ジャパンオープンで優勝経験を持つ車暁曦と総合力では上回るかと思われた。

前半は両チームのエースが相手チームの2番手と実力差を見せつける形で1点ずつを挙げ3番へ。後半のエース対決の前に、この3番が勝敗の鍵を握る。バック表で異質型の王璇に対して、范思琦は攻守のメリハリをつけて、バック面のボールに対応。王璇はベテランらしいプレーで、范思琦が弱気になったところですかさず連続得点。范思琦は攻めてはいるものの、最終ゲームに持ち込まれるが、最後まで集中力を切らさずにバック面のボールに対する対応とチャンスボールはフォアで攻める堅実なプレーでベテランの壁を打ち抜いた。

勝負の朱雨玲対王曼昱は、攻め気に逸る王曼昱に対して飽くまで落ち着いてプレーする朱雨玲。朱雨玲が序盤で6対0と大きくリード。王は力みからか攻撃ミスが多い。このリードを生かして、朱雨玲が先行すると、第2ゲームも朱雨玲が8連続得点するなど、隙のないプレーで早くも優勝に王手。しかし、第3ゲームから優勝を意識したか、硬くなった朱雨玲を開き直って攻めに徹する王曼昱の両ハンドが襲いかかる。流れを取り戻せないまま朱雨玲は2ゲーム連続で落とし、最終ゲームへ。
序盤は王曼昱がチキータで得点するなどアグレッシブなプレーでリードするが、朱雨玲も勝負どころでは回り込んでフォアハンドを決めるなど、リードを許さない。7対7から王曼昱が9対7とリードし、勝負が決まったかに思われたが、ここから凡ミスの出た王曼昱の隙を見逃さずに、朱雨玲が意地の逆転勝利をつかんだ。
黒竜江は5番に繋いでいれば車暁曦が郭艶に勝っていた可能性が高かっただけに勝利に手がかかってた王曼昱はベンチで肩を落とした。
 


 

四川チームが中国一の栄光に輝く

3番は范思琦の勝利が四川の優勝を呼び寄せた
 
最後まで集中力を切らさずに後輩に意地を見せた朱雨玲
 
終盤までリードしていた王曼昱だが……
 
エース対決を制して四川が優勝を決めた
 
王曼昱は悔しい逆転負け
 


卓レポ.comでは連日の熱戦の様子を最終日の9月6日までお届けします!

 

今大会の詳細な情報は下記サイトをご覧ください。
中華人民共和国第13届運動会(記録ページ):http://results.tianjin2017.gov.cn:81/

今大会の模様は卓球レポート11月号(10/20発売)に掲載。
 

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事