1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国際大会
  4. 全中国運動大会
  5. 第13回全中国運動会5日目② 〜男子団体は上海が優勝〜

第13回全中国運動会5日目② 〜男子団体は上海が優勝〜

8月28日〜9月6日まで、武清体育センター(武清)にて第13回全中国運動会が開催されている。この大会は4年に1回、40種の競技の中国一が決められる大会だ。中国卓球界ではこの大会の位置づけは非常に高く、レベルの高い争いが繰り広げられている。大会5日目は男女団体の決勝が行われ、男子は上海が優勝を決めた。

■男子団体準決勝
 上海 3-0 四川

○許昕 5,8,6 許鋭鋒
○尚坤 3,9,7 朱霖峰
○趙子豪 8,3,-7,8 厳升
 許昕 - 朱霖峰
 尚坤 - 許鋭鋒
 

男子決勝は優勝候補の解放軍を破って決勝進出を決めた許昕を擁する上海と好調の林高遠から2点を挙げて準決勝で広東を破って初の決勝進出を果たした四川の対戦となった。

上海はトップでエースの許昕が、持ち前のフィジカルを生かした唸るようなフォアハンドドライブで前陣で捌こうとする許鋭鋒を圧倒。打ち合いになると許鋭鋒も好プレーを見せたが、威力、安定感で勝る許昕がストレート勝ち。許昕は左肩にテーピングをし、ゲーム間にもアイシングとマッサージをし、試合中も強打を放った後には左肩を押さえるシーンも見られたが、最後まで球威が衰えることはなかった。個人戦での活躍にも期待がかかる。

2番の尚坤は今大会、上海の2番手として周雨を破るなど決勝進出に大きく貢献。決勝でも攻めるときは攻め、守るときは守る凡ミスの少ないベテランらしいプレーで朱霖峰とのサウスポー対決を制した。

早くも優勝に王手をかけた上海。3番はペンドライブ型の趙子豪対ペン表ソフト速攻型の厳升。趙子豪は厳升の表ソフトのスマッシュにもカウンタードライブで攻撃的に反撃。第3ゲームはラリーからチャンスボールを強打する厳升に遅れを取ったが、第4ゲームは渾身のプレーで積極的に回り込んでフォアハンドドライブを決め、上海チームの優勝を決めた。

決勝はやや物足りない内容となったが、馬龍、閻安、王楚欽の北京チームを破った林高遠を擁する広東が準決勝で四川に敗れたためだ。しかし、混戦を勝ち抜いて初の決勝進出を果たした四川の勢いは素晴らしかった。一方の上海はけがを抱えた許昕がチームを牽引。2番手の尚坤も勝負どころでベテランらしい戦いを見せて優勝に貢献、3番手の趙子豪も準決勝では徐晨皓を破るなど結果を出してきている。チームの総力を挙げて勝ち取った優勝に会場は大きな拍手を送った。
 


 

上海市、中国最強チームの栄冠に

トップで許昕がフォアハンドドライブで圧倒
 
尚坤はベテランらしい安定感で上海が王手
 
ペン対決はペンドラの趙子豪(右)に軍配
 
許昕も手を振って観客の声援に応える
 
表彰式には上海の英雄、王励勤も姿を見せた
 


卓レポ.comでは連日の熱戦の様子を最終日の9月6日までお届けします!

 

今大会の詳細な情報は下記サイトをご覧ください。
中華人民共和国第13届運動会(記録ページ):http://results.tianjin2017.gov.cn:81/

今大会の模様は卓球レポート11月号(10/20発売)に掲載。
 

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事