1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国際大会
  4. 全中国運動大会
  5. 第13回全中国運動会6日目③ 〜男子シングルス1回戦〜

第13回全中国運動会6日目③ 〜男子シングルス1回戦〜

8月28日〜9月6日まで、武清体育センター(武清)にて第13回全中国運動会が開催されている。大会6日目は男女シングルスの1回戦が行われ、男女ともベスト16が決まった。

■男子シングルス1回戦
張超(広東) 11,-1,4,-8,7,10 劉イ(河北)
劉丁碩(山東) 6,9,8,-9,8 朱誠(江蘇)
馬特(天津) -4,10,3,-7,6,6 周雨(解放軍)
程靖淇(河北) 8,-9,7,-9,9,10 黄鎮廷(香港)
王楚欽(北京) 5,9,4,-8,-6,4 彭飛龍(上海)
周愷(解放軍) -11,8,-9,4,8,9 徐瑛彬(黒竜江)
張継科(山東) 9,5,9,-6,7 于何一(河南)
許昕(上海) 8,9,9,5 許鋭鋒(四川)
周啓豪(広東) -9,8,8,7,8 于子洋(黒竜江)
郝帥(天津) 6,9,7,-6,-10,8 薛飛(湖北)
方博(山東) 6,4,9,6 廖泓然(解放軍)
閻安(北京) 5,7,-8,-4,-5,7,4 孔令軒(山東)
夏易正(河南) 6,4,10,10 羅静(海南)
劉吉康(遼寧) -5,11,9,-5,7,5 梁靖崑(河北)

 

男子は30名の選手が出場。第1シードの馬龍(北京)、第2シードの樊振東(解放軍)を除く28名の選手が1回戦に出場した。

このラウンドで何と言っても会場を沸かせたのは張継科。張継科ガールと言われるファンの声援がポイントごとに会場中に鳴り響き、異様な雰囲気に包まれた。張継科は意に介さないといった体で淡々と試合を進め、パワーのある于何一に試合をさせずに貫禄勝ち。2回戦で周愷と対戦する。許昕もゲーム間には左肩を治療しながらの試合となったが、団体戦でも対戦した許鋭鋒を再びストレートで退けた。
程靖淇は世界ランキング8位の黄鎮廷を、高いサービス力とサウスポーから繰り出すパワフルなフォアハンドドライブで退け、中国選手の層の厚さを感じさせた。
この他、地元天津の2選手郝帥と馬特がベスト16入り。郝帥はパワーのあるペンドライブ型の薛飛をベテランらしい巧みなコース取りとで退けた。カットの馬特は回転量の変化で周雨のミスを誘いカット主戦型としてただ1人勝ち残った。
 


 

張継科、初の全中国タイトル獲得なるか

王楚欽は思い切った両ハンドで2回戦へ
 
程靖淇は黄鎮廷を破る金星を挙げた
 
地元天津の郝帥はパワーのある薛飛を退けた
 
同じく天津の馬特はカットの変化で周雨のミスを誘った
 


卓レポ.comでは連日の熱戦の様子を最終日の9月6日までお届けします!

 

今大会の詳細な情報は下記サイトをご覧ください。
中華人民共和国第13届運動会(記録ページ):http://results.tianjin2017.gov.cn:81/

今大会の模様は卓球レポート11月号(10/20発売)に掲載。
 
\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事