1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国際大会
  4. 全中国運動大会
  5. 第13回全中国運動会9日目① 〜女子複、顧玉婷/木子と朱雨玲/陳夢が決勝へ〜

第13回全中国運動会9日目① 〜女子複、顧玉婷/木子と朱雨玲/陳夢が決勝へ〜

8月28日〜9月6日まで、武清体育センター(武清)にて第13回全中国運動会が開催されている。大会9日目は男子ダブルス、女子ダブルスの準決勝、3位決定戦、決勝が行われる。

■女子ダブルス準決勝
顧玉婷/木子(山東/解放軍) -7,5,7,8,7 丁寧/劉詩雯(北京/広東)
朱雨玲/陳夢(四川/山東) 8,-7,-9,8,4,5 劉高陽/馮亜蘭(山東/湖北)
 

現役女子ダブルス世界チャンピオンの丁寧/劉詩雯だが、この試合では先手を取れずに精彩を欠いた。一方の顧玉婷/木子は右利きの木子と左利きの顧玉婷の両者がフォアハンドが強く、回り込んでバッククロスに強力なボールが打てるため、ワイドに攻めることができる。丁寧も回り込めば得点にはなるが、守勢に回ることが多くリードを許す展開。劉詩雯はフォアハンドフリックで相手を苦しめたが、得意のバック側でのミスが多く、ラリーでの失点が目立った。
木子は2013年の前回大会での優勝者(ペアは曹臻。今大会では解放軍のベンチに入っている)。決勝では2連覇を狙う。

世界卓球2位の朱雨玲/陳夢に対して、ワイドに攻められるサウスポーの劉高陽とフォアハンドの一発の威力のある馮亜蘭が、2対1とリード。第4ゲームからラリー志向に変更した朱雨玲/陳夢が大きなラリーで得点して流れをつかみ、劉高陽にチャンスメークをさせずに、ミスの少ない両者の持ち味が生きる展開に。後半は朱雨玲/陳夢は左右のペアをクロスさせる巧みなコース取りで得点を重ね、3ゲーム連取。中国代表の意地を見せた。


 
顧玉婷/木子は世界チャンピオンを破る金星

朱雨玲/劉詩雯は思い通りのプレーができず
 
朱雨玲/陳夢は初優勝に向けて気合いも十分
 
劉高陽(左)のコース取りと馮亜蘭の1発の威力も中国代表には及ばず
 


卓レポ.comでは連日の熱戦の様子を最終日の9月6日までお届けします!

 

今大会の詳細な情報は下記サイトをご覧ください。
中華人民共和国第13届運動会(記録ページ):http://results.tianjin2017.gov.cn:81/

今大会の模様は卓球レポート11月号(10/20発売)に掲載。
 
\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事