1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国際大会
  4. 全中国運動大会
  5. 第13回全中国運動会8日目④ 〜男子単、王楚欽がベスト4入り〜

第13回全中国運動会8日目④ 〜男子単、王楚欽がベスト4入り〜

8月28日〜9月6日まで、武清体育センター(武清)にて第13回全中国運動会が開催されている。大会8日目は男女ダブルス準々決勝と男女シングルスの準々決勝が行われる。夜の試合では男女シングルスが行われ、ベスト4が決まった。

■男子シングルス準々決勝
馬龍(北京) 6,-9,6,3,4 馬特(天津)
王楚欽(北京) 8,-8,6,10,-10,13 周愷(解放軍)
許昕(上海) 10,-9,5,-2,-7,9,4 郝帥(天津)
樊振東(解放軍) 4,8,2,10 夏易正(河南)
 

周雨、劉丁碩を破ってベスト8入りを果たした地元天津のカット主戦型・馬特。回転量の多いカットと大きな長身を生かした広い守備範囲で馬龍に挑んだ。馬龍は馬特のカットに対して、ツッツキとカット打ち、フォアドライブ強打を交えた正攻法で迎え打ち4対1で勝利。2連覇に向けて駒を進めた。

王楚欽は昨日の2回戦に続き、ゲームオールジュースの熱戦を勝ち抜いた。張継科を破った正統派の周愷に対して、サウスポーの王楚欽はチキータと打球点の早いカウンターで得点を重ね、第5ゲームでマッチポイントを握る。しかし、あきらめない周愷が逆転。最終ゲームも王楚欽は10-9でマッチポイントを握るがなかなか勝ちきれず、5本目のマッチポイントをようやくものにして、ベスト4入りを果たした。若手ではナンバー1の呼び声が高いだけに馬龍にどこまで通じるのかに注目したい。

樊振東は、閻安を破って準々決勝に勝ち上がったサウスポーの夏易正をストレートで下した。夏易正はサウスポーならではの中陣からのパワフルなフォアストレートで得点するシーンもあったが、攻撃力で大きく上回る樊振東を崩すにはいたらず。樊振東は初優勝に向けて着実にあゆみを進めた。

1時間20分を越える熱戦となった許昕対郝帥は、左肩に故障を抱えていた許昕が疲労もたまりいよいよプレーに支障をきたすレベルになってきた。2対2のゲーム間に許昕は治療タイムを取り、上海チームのドクターが左腰のマッサージ、テーピングを行い、許昕はようやくコートに戻った。フォアハンドを大きく振れない許昕は裏面バックハンドと、コンパクトに振るフォアハンドカウンターで、やはり連戦の疲労が見える郝帥を押し切った。翌日には男子ダブルスもあるだけにけがの様子が心配される。


 
馬龍はオーソドックスなカット攻略で馬特を退けた

王楚欽、若手でただ1人ベスト4に
 
樊振東は今大会の優勝候補筆頭か
 
許昕はけがでフォア強打がなりを潜めた
 


卓レポ.comでは連日の熱戦の様子を最終日の9月6日までお届けします!

 

今大会の詳細な情報は下記サイトをご覧ください。
中華人民共和国第13届運動会(記録ページ):http://results.tianjin2017.gov.cn:81/

今大会の模様は卓球レポート11月号(10/20発売)に掲載。
 
\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事