1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国際大会
  4. 全中国運動大会
  5. 第13回全中国運動会8日目③ 〜女子単、王芸迪がベスト4に〜

第13回全中国運動会8日目③ 〜女子単、王芸迪がベスト4に〜

8月28日〜9月6日まで、武清体育センター(武清)にて第13回全中国運動会が開催されている。大会8日目は男女ダブルス準々決勝と男女シングルスの準々決勝が行われる。午後の試合では男女シングルスが行われ、ベスト4が出そろった。

■女子シングルス準々決勝
丁寧(北京) 8,6,-10,7,-9,5 孫穎莎(河北)
朱雨玲(四川)  6,5,10,-11,-2,-9,9 王曼昱(黒竜江)
劉詩雯(広東) 3,-7,5,-7,-7,11,9 武楊(山西)
王芸迪(雲南) 6,-5,7,13,11 陳夢(山東)
 

両ハンドの連続攻撃のピッチの速さと威力では丁寧を上回る孫穎莎だが、じっくりと構えてコースを打ち分ける丁寧にミスを誘われなかなか自分のペースをつかめない。孫穎莎はリスクを負った攻めで2ゲームを奪うが、コースを突いて動かされるとミスが増えてしまう。女王・丁寧を倒すまでにはまだ越えなければいけないハードルがいくつかありそうだ。

今大会屈指の熱戦と言っていいだろう。女子団体の決勝に続き、再び顔を合わせた朱雨玲と王曼昱。女子団体ではゲームオール11-9で朱雨玲が勝利し、四川の優勝を決めた。リベンジに臨んだ王曼昱だが、両ハンドの攻撃が朱雨玲の固いブロックに阻まれ0対3と一気に離される。王曼昱はさらに思い切ってバックハンド強打で朱雨玲の固い守備を打ち抜き、次第に自分のペースに。3対3に追いつき、流れは王曼昱かと思われたが、最後まで固い守備を見せた朱雨玲が王曼昱の猛攻を防ぎきって若手の追い上げを振り切った。

意外にも大苦戦を強いられたのが劉詩雯だ。カット打ちには定評のある劉詩雯だったが、武楊の切れたカットをたびたびネットにかけるなどミスが多く苦しい展開。武楊は攻撃も交えてリードするが、劉詩雯も意地のプレーで追いすがる。武楊にとっては千載一遇のチャンスだったが、劉詩雯がガッツを振り絞ってフォアハンドを打ちきった。

今大会、注目株の1人となった王芸迪(ワンイディ)。準々決勝でもはつらつとしたプレーで陳夢に挑んだ。バック側の懐が深い陳夢に対しても、バック対バックで引けを取らない王芸迪。そこから先に回り込みフォアハンドや、バックストレートへのコース変更など仕掛けて優勢に。勝負どころでも強気の攻めを見せて、前回ベスト4の陳夢から金星を挙げた。


 
孫穎莎の挑戦をラリー戦で受けた丁寧

朱雨玲は団体戦に続き王曼昱との熱戦を制する
 
劉詩雯は不調ながらも武楊のカットを打ち抜いた
 
王芸迪は若手でただ1人4強入りを果たした
 


卓レポ.comでは連日の熱戦の様子を最終日の9月6日までお届けします!

 

今大会の詳細な情報は下記サイトをご覧ください。
中華人民共和国第13届運動会(記録ページ):http://results.tianjin2017.gov.cn:81/

今大会の模様は卓球レポート11月号(10/20発売)に掲載。
 
\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事