1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国際大会
  4. 全中国運動大会
  5. 第13回全中国運動会8日目② 〜女子複、4ペアが準決勝へ〜

第13回全中国運動会8日目② 〜女子複、4ペアが準決勝へ〜

8月28日〜9月6日まで、武清体育センター(武清)にて第13回全中国運動会が開催されている。大会8日目は男女ダブルス準々決勝と男女シングルスの準々決勝が行われる。午前の試合ではダブルスが行われ、準決勝に進出する女子4ペアが決まった。

■女子ダブルス準々決勝
丁寧/劉詩雯(北京/広東) 7,7,4 王芸迪/李暁丹(雲南/山西)
顧玉婷/木子(山東/解放軍) 10,7,8 文佳/陳幸同(遼寧)
劉高陽/馮亜蘭(山東/湖北) 7,-6,10,6 車暁曦/王曼昱(黒竜江)
朱雨玲/陳夢(四川/山東) 8,9,9 李佳燚/蘭曦(遼寧)
 

第1シードの丁寧/劉詩雯、第2シードの朱雨玲/陳夢はともに危なげなく勝ち上がった。混合ダブルスで優勝した王曼昱のいる黒竜江ペアは、劉高陽/馮亜蘭の連係の良さに敗れた。王曼昱のチキータや中陣から引き返すバックハンドは得点源となったが、気後れしたか車暁曦のプレーが精彩を欠いた。顧玉婷/木子はじっくり攻めたい文佳/陳幸同から先手を取って先に攻め、自分たちのペースで試合を進めてストレート勝ち。


 
質の高い台上プレーで相手にプレーをさせない丁寧/劉詩雯

フィジカルの強い両者の特徴を生かした顧玉婷/木子
 
劉高陽/馮亜蘭は車暁曦/王曼昱に快勝
 
初優勝なるか朱雨玲/陳夢
 


卓レポ.comでは連日の熱戦の様子を最終日の9月6日までお届けします!

 

今大会の詳細な情報は下記サイトをご覧ください。
中華人民共和国第13届運動会(記録ページ):http://results.tianjin2017.gov.cn:81/

今大会の模様は卓球レポート11月号(10/20発売)に掲載。
 
\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事