1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国際大会
  4. 全中国運動大会
  5. 第13回全中国運動会8日目① 〜男子複、4強が決まる〜

第13回全中国運動会8日目① 〜男子複、4強が決まる〜

8月28日〜9月6日まで、武清体育センター(武清)にて第13回全中国運動会が開催されている。大会8日目は男女ダブルス準々決勝と男女シングルスの準々決勝が行われる。午前の試合ではダブルスが行われ、準決勝に進出する男子4ペアが決まった。

■男子ダブルス準々決勝
馬龍/許昕(北京/上海) 7,5,8 方博/尚坤(山東/上海)
張煜東/孫聞(江蘇) 6,3,9 于何一/王林堃(河南)
閻安/林高遠(北京/広東) 11,5,2 劉吉康/郝帥(遼寧/天津)
周雨/樊振東(解放軍) 10,8,-10,11 朱誠/蔡偉(江蘇)
 

やはりダブルスでは後陣から引き返す許昕の存在感が大きい。世界卓球ではボル(ドイツ)と2大会連続で国際ペアを組んでいるためにダブルスタイトルに縁がない馬龍だが、このペアはさすがに強い。打ち合いでも決して弱くはない方博/尚坤を圧倒した。

ベスト4の中で世界ではあまり名前を聞かない唯一のペアが江蘇省の張煜東/孫聞。1回戦では梁靖崑/王楚欽というパワーではナンバーワンのペアを破った。右右のペアで派手さはないが、台上でチャンスをつくったら、台から出たボールはすかさず攻める基本に忠実なプレーでベスト4入りを果たした。ベンチにはダブルスの世界王者陳杞が入っているのも心強い。

閻安/林高遠は、シングルスでベスト8入り、混合ダブルスでは決勝進出と今大会存在感を見せているベテランの郝帥とシングルスでは1回戦で梁靖崑を破った実力者劉吉康のペアを相手に、林高遠のコースを突いてチャンスをつくり、閻安が威力抜群のフォアハンドで決める展開でストレート勝ち。閻安は全盛期を過ぎた印象だが、十分な体勢から打ったボールの威力は間違いなくトップクラスだ。

周雨/樊振東は、第1ゲーム序盤で樊振東が後陣から放った全力のフォアハンドドライブが周雨の後頭部に当たって、ボールが割れるという珍事が発生。珍しく樊振東が試合中に笑顔を見せた。試合は、一発で決めようとリスクを負ったプレーをする解放軍ペアにミスもあり競り合いとなるが、地力で優る解放軍ペアが順当に準決勝に駒を進めた。


 
中国国内でもやはりこの2人は存在感がある

張煜東(右)と孫聞は基本に忠実なプレーで4強入り
 
ベンチにはダブルス世界王者の陳杞
 
閻安(右)はパワフルなフォアハンド
 
樊振東のパワードライブが周雨の頭を直撃
 
割れたボールを手に笑顔の樊振東。真剣勝負の毎日に和みのワンシーン
 


卓レポ.comでは連日の熱戦の様子を最終日の9月6日までお届けします!

 

今大会の詳細な情報は下記サイトをご覧ください。
中華人民共和国第13届運動会(記録ページ):http://results.tianjin2017.gov.cn:81/

今大会の模様は卓球レポート11月号(10/20発売)に掲載。
 
\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事