1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国際大会
  4. 全中国運動大会
  5. 第13回全中国運動会10日目② 〜男子単、決勝は馬龍対樊振東〜

第13回全中国運動会10日目② 〜男子単、決勝は馬龍対樊振東〜

8月28日〜9月6日まで、武清体育センター(武清)にて第13回全中国運動会が開催されている。大会最終日となる10日目は男女シングルスの準決勝〜決勝が行われる。

■男子シングルス準決勝
馬龍(北京) 3,8,6,-5,7 王楚欽(北京)
樊振東(解放軍) 棄権 許昕(上海)
 

準決勝で馬特のカットを攻略した馬龍は、北京チームの後輩の王楚欽の挑戦を受けた。相手の手の内がわかっているからか、様子見や探り合いは一切なしの馬龍らしい豪打が序盤から見られ、王楚欽も応戦はするが、細かいプレーでの失点も多く、流れは完全に馬龍。馬龍は世界卓球のときとは異なり、チキータからの展開や、台上でも先手を取って攻めるなど、自分のプレーを展開。それだけまだ王楚欽は警戒するに足らず、ということなのだろう。王楚欽も馬龍のフォアハンドドライブを中陣からバックハンドで引き返すなどの新世代ならではの技も見せたが、ラリーの序盤での組み立てで、馬龍に及ばなかった。

馬龍対王楚欽の試合終了後、場内では許昕の棄権がアナウンスされた。昨日までの連戦とプレーぶりから考えれば無理のない決断とも言えるだろう。万全な状態での対戦が見られなかったのは残念だが、馬龍対樊振東の再戦に期待しよう。


 
馬龍の代名詞のような豪打が火を吹いた

王楚欽はベスト4と健闘も先輩の馬龍には及ばず
 
馬龍、準決勝にしてようやくエンジンがかかってきた
 


卓レポ.comでは連日の熱戦の様子を最終日の9月6日までお届けします!

 

今大会の詳細な情報は下記サイトをご覧ください。
中華人民共和国第13届運動会(記録ページ):http://results.tianjin2017.gov.cn:81/

今大会の模様は卓球レポート11月号(10/20発売)に掲載。
 
\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事