1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 世界ジュニア
  4. 2017イタリア
  5. 2017年世界ジュニア3日目②日本男子、フランスに辛勝で4強入り

2017年世界ジュニア3日目②日本男子、フランスに辛勝で4強入り

世界ジュニア選手権イタリア大会3日目、2連覇を狙う日本男子は張本を欠くも、木造、髙見、田中、宇田というメンバーで予選を突破。決勝トーナメント準々決勝ではフランスに3対2で競り勝ち、メダルを決めた。

 

木造は速攻で先制点
 
固さの取れてきた田中が2点目
 
ベルトランは木造との接戦を制し勝負はラストに
 
ラストは田中が快勝でチームメートの失点をカバー
 
ルーマニアはアメリカとの接戦を制し準決勝へ
 

<男子団体準々決勝>
 日本 3-2 フランス
○木造 -11,9,8,9 ロラン
○田中 -5,8,5,5 ベルトラン
 髙見 -10,2,-11,8,-9 ランベール○
 木造 6,-8,6,-3,-7 ベルトラン○
○田中 6,10,7 ロラン

男子は予想以上の苦戦を強いられたと言っていいだろう。木造、田中と共に第1ゲームを落としながらも、しっかりと立て直して3ゲーム連取。2対0で準決勝進出にあっさりと王手をかけたが、3番の髙見がチキータの強烈なサウスポー、ランベールとの競り合いに敗れると、木造もサウスポーのベルトランに打ち勝てずに逆転負け。国内の同世代よりも1本多く返ってくると、無理をして決めに行く場面でミスが出て劣勢に立たされた。
ラストの田中は、第2ゲームが勝負の分かれ目となった。8-10とゲームポイントを握られた田中だったが、「こういう場面では開き直るしかない」と思い切ったプレーで逆転で2ゲームを連取。第3ゲームもしっかりとした両ハンドのカウンタープレーで相手を押さえ、日本のピンチを救った。

この他、中国はドイツに圧勝。アメリカとの熱戦を制したルーマニアと準決勝で対戦する。ルーマニアはK.ジャーに2点を落としながらも、前陣で堅いブロックを主軸にアメリカの2番手として戦うS.アルゲッティからプレテア、シポスが2点を奪い、試合を制した。
韓国はエースの案宰賢がエース対決で林昀儒を破り、3対1で中華台北を破り、準決勝で日本と対戦。


卓レポ.comでは随時、ツイッターとこちらの大会報道で情報をアップしていきますのでお楽しみに!

卓レポツイッター:https://twitter.com/takurepo

日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com

今大会の模様は卓球レポート1月号に掲載します。
 

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事