1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 世界ジュニア
  4. 2017イタリア
  5. 2017年世界ジュニア5日目①田中と木村がシングルスの予選通過

2017年世界ジュニア5日目①田中と木村がシングルスの予選通過

世界ジュニア選手権イタリア大会5日目、男女シングルスの予選グループリーグが行われ、日本男子の田中佑汰、女子の木村光歩が決勝トーナメント進出を決めた。

 

団体戦で活躍した田中、シングルスでも爆発なるか
 
木村は自信を持ったプレーぶりで予選通過
 

<男子シングルス予選グループリーグ(日本選手関係)>
田中 6,-9,8,3,6 チャンドラ(インド)
田中 9,-7,5,-7,5,11 オプレア(ルーマニア)

団体戦で日本決勝進出の立役者となった田中だが、シングルスの予選グループリーグを首位通過。サウスポーのオプレアにやりにくさがあったか、ややナーバスになる場面がみられたが、しっかりと勝ちきって1勝目をあげた。決勝トーナメントでも活躍を期待したい。

<女子シングルス予選グループリーグ(日本選手関係)>
木村 10,-9,5,10,6 周穎詩(香港)
木村 2,2,3,5 ジェジク(アルジェリア)
木村 2,5,3,7 カウア(オーストラリア)

世界ジュニアの女子選考会で木原に次いで2位となった木村は、バックハンドに変化系表ソフトラバーを使う異質攻撃型。高いサービス力と安定感のある両ハンドの攻撃力でランク下の選手を一蹴。香港選手とは競り合いになったが、勝負どころでポイントできる強さも見せた。初出場ながらかたさは見られず、自信を持って戦っている様子がうかがえた。


卓レポ.comでは随時、ツイッターとこちらの大会報道で情報をアップしていきますのでお楽しみに!

卓レポツイッター:https://twitter.com/takurepo

日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com

今大会の模様は卓球レポート1月号に掲載します。

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事