1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 世界ジュニア
  4. 2017イタリア
  5. 2017年世界ジュニア7日目③女子複、日本の2ペアは銅メダル

2017年世界ジュニア7日目③女子複、日本の2ペアは銅メダル

世界ジュニア選手権イタリア大会7日目、女子ダブルスの準々決勝、準決勝が行われ、加藤/長﨑と木原/木村はベスト4入りを果たしたが、準決勝でともに中国ペアに敗れ、決勝進出はならなかった。

 

異質型ペアの木原/木村は銅メダル
 
世界ジュニアダブルス女王を破る快挙
 
加藤/長﨑もベスト4入り
 
銭天一(左)/王曼昱は木原/木村を一蹴
 
石洵瑶(右)/孫穎莎は抜群に高い攻撃力


<女子ダブルス準々決勝>
石洵瑶/孫穎莎(中国) -6,8,5,7,5 コリシュ/タイラコワ(ロシア)
加藤美優/長﨑美柚(日本) 5,12,6,3 スラザク/ウェグルジン(ポーランド)
木原美悠/木村光歩(日本) 5,6,-8,9,10 ディアコヌ/ドラゴマン(ルーマニア)
銭天一/王曼昱(中国) 8,5,-10,10,1 金智淏/金裕珍(韓国)

<女子ダブルス準決勝>
銭天一/王曼昱(中国) 6,6,8,9 木原美悠/木村光歩(日本)
石洵瑶/孫穎莎(中国) -10,-8,6,8,6,7 加藤美優/長﨑美柚(日本)

準々決勝では木原/木村の日本ペアが、昨年の女子ダブルスチャンピオン、ディアコヌ/ドラゴマンを破る金星を挙げて4強入りを果たした。木原/木村はともに決定力の高い直線的なボールで得点を重ねルーマニアペアを圧倒。しかし、準決勝では銭天一/王曼昱の中国ペアに歯が立たず、銅メダルとなった。大健闘と言える結果だろう。
加藤/長﨑ペアも3位となった。準々決勝ではポーランドペアを一蹴。ラリーになるとフィジカルの強い長﨑の威力のあるドライブの得点が光った。準決勝では中国ペアに2対0とリードしたが、孫穎莎の強烈なボールに対応できずに、あえなく準決勝敗退となった。
決勝は銭天一/王曼昱と石洵瑶/孫穎莎の中国対決だ。



卓レポ.comでは随時、ツイッターとこちらの大会報道で情報をアップしていきますのでお楽しみに!

卓レポツイッター:https://twitter.com/takurepo

日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com

今大会の模様は卓球レポート1月号に掲載します。

 

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事