1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  4. 平成29年度
  5. 全日本卓球2018 女子ダブルスは佐藤/橋本、鈴木/安藤らが勝ち進む

全日本卓球2018 女子ダブルスは佐藤/橋本、鈴木/安藤らが勝ち進む

女子ダブルス2回戦には国際大会で活躍する佐藤/橋本(ミキハウス)や学生チャンピオンの経験がある鈴木/安藤(日立化成/専修大)が登場し、3回戦へと駒を進めた。


 佐藤/橋本は枝松/木村(専修大/山陽女子高)と対戦。枝松、木村ともにシングルスでも実力がある相手に対して安定したカットを見せてストレート勝ち。優勝候補の一角であるカットペアが初戦を勝利で飾った。鈴木/安藤は小村/梶田(東京富士大/松徳学院高)と対戦。鈴木の安定した両ハンドと安藤の快速スマッシュで相手を寄せ付けずにストレート勝ちを収めた。鈴木が社会人となり、大学時代のように頻繁にペアを組むことは少なくなったが、息のあったプレーが光った。


 このほか、エリートアカデミーの長﨑/木原もストレート勝ちで3回戦へ進んだ。昨年の全中で決勝を戦うなど、同世代ということもありシングルスで対戦することが多い2人だが、ダブルスでは連係の良さを見せて初戦を勝利で飾った。

 

優勝候補の一角である佐藤(右)/橋本はきっちりと勝利
 
連係の良さが光る鈴木(左)/安藤

長﨑(左)/木原の若手ペアも3回戦へ

詳しい情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
全日本卓球(特設サイト):http://www.japantabletennis.com/zennihon2018

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。
全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。

 

\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事