1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  4. 平成29年度
  5. 全日本卓球2018 男子ダブルスは森田/軽部、御内/村松らが3回戦へ

全日本卓球2018 男子ダブルスは森田/軽部、御内/村松らが3回戦へ

男子ダブルス2回戦では森田/軽部(シチズン)、御内/村松(シチズン/東京アート)の日本リーグ勢が登場した。


 森田/軽部は西/手塚(明徳義塾中・高)と対戦。2人にとって今大会の初戦となったが、出足から落ち着いたプレーで得点を重ねてゲームを先制。第2ゲーム以降もパートナーにきっちりとつなぐというダブルスの原則を徹底して若手ペアをリードした森田/軽部。ストレート勝ちで3回戦へと勝ち進んだ。


 カットペアの御内/村松は川島/神山(JR北海道)に3対0で勝利。日本リーグ屈指のカットマンである御内と村松。シェーク攻撃型が主流の中、カット主戦型の2人がこの後、どんなプレーを見せるか。明日以降の戦いにも期待したい。このほか、戸上/宮川(野田学園高)の高校生ペアは今田/足立原(立命館大/龍谷大)の大学生ペアに勝利。全日本で5度男子ダブルスチャンピオンに輝いている岸川聖也(ファースト)は浅沼とペアを組んで試合に臨んだが、稲津/森川(明治大)に敗れて2回戦敗退となった。

 

経験豊富な森田(左)/軽部ペアは初戦を快勝
 
カットペアの御内(右)/村松も3回戦へと駒を進めた

若手の戸上(右)/宮川は攻撃力が光るペアだ

浅沼(左)/岸川は2回戦敗退となった

詳しい情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
全日本卓球(特設サイト):http://www.japantabletennis.com/zennihon2018

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。
全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。

 

\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事