1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  4. 平成29年度
  5. 全日本卓球2018 男子シングルスは及川、松山らが3回戦へ

全日本卓球2018 男子シングルスは及川、松山らが3回戦へ

男子シングルス2回戦には及川瑞基(専修大)、松山祐季(愛知工業大)らが登場し、3回戦へと駒を進めた。


 及川は菅沼湧輝(大阪桐蔭高)と対戦。第1、第2ゲームと接戦となるが、要所でミスをしない及川がゲームを連取。ゲーム全体を通して基本に忠実なプレーで安定したプレーを見せた及川が3対0で3回戦進出を決めた。松山は松浦佑紀(原田鋼業)と対戦。松山は第2ゲームこそ落としたが、持ち味であるダイナミックなプレーを随所で見せて3対1で勝利。次戦では出雲卓斗(遊学館高)と対戦する。初戦を勝利した三田村宗明(リトルキングス)は時吉佑一(ZEOS)と対戦。第1ゲームを奪った三田村だったが、時吉を崩すには至らず、2回戦敗退となった。このほか、酒井明日翔(明治大)、岸川聖也(ファースト)といった実力者も順当に勝ち上がりを決めている。

 

及川は菅沼をストレートで破り3回戦へ
 
松山はダイナミックなプレーで勝ち上がった

三田村は時吉と接戦を繰り広げたが惜しくも敗れた

詳しい情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
全日本卓球(特設サイト):http://www.japantabletennis.com/zennihon2018

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。
全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。

 

\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事