1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  4. 平成29年度
  5. 全日本卓球2018 世界ジュニアメンバーの田中が手塚に敗れる

全日本卓球2018 世界ジュニアメンバーの田中が手塚に敗れる

ジュニア男子5回戦では張本智和(JOCエリートアカデミー)や戸上隼輔(野田学園高)らがベスト8へと勝ち進んだ。一方、昨年の世界ジュニアの日本代表で今大会でも上位進出が予想された田中佑汰(愛工大名電高)は全中チャンピオンの手塚崚馬(明徳義塾中・高)に敗れてベスト16敗退となった。


 張本は杉本和也(希望が丘高)と対戦。チキータから強打を決めるなど、バック系の技術に安定感が増してきた張本は杉本を圧倒。台上のプレーでも先に攻めるなど、積極性を見せてストレート勝ちを収めた。試合後、張本は「サービスが昨日に続いてよかったのと、バックハンドも良くなってきていると感じています。去年よりも余裕を持ってベスト8まで来られたと思います。明日は自分次第だと思います。変なミスをしなければ勝てると思います。(試合数を重ねていますが)試合は楽しいので疲れはないです」と語った。本人が振り返るとおり、ここまで圧巻のプレーで勝ち進んでいる張本。明日は昨年敗れた準々決勝に臨むが、今日のような積極的な攻撃で自分のプレーを貫けるかどうかが重要になるだろう。

 張本のほか、戸上や宇田幸矢(JOCエリートアカデミー/大原学園)といった実力者がベスト8に名を連ねたが、世界ジュニアの日本代表メンバーである田中が手塚に敗れて5回戦敗退となった。田中は1ゲームを先制されたものの第2ゲームを接戦の末に奪い、流れを呼び戻したかに見えたが、第3ゲーム以降もラリーの中でミスが目立つなど、手塚のピッチの速い攻撃に苦しみ、1対3で敗戦。上位進出が予想されたが、ベスト16で姿を消すことになった。


<ジュニア男子5回戦>
宇田幸矢(JOCエリートアカデミー/大原学園) 3-1 中村厳文(福井商業高)
宮川昌大(野田学園高) 3-1 加山裕(愛工大名電高)
手塚崚馬(明徳義塾中・高) 3-1 田中佑汰(愛工大名電高)
金光宏暢(大原学園高) 3-0 中橋敬人(鶴岡東高)
戸上隼輔(野田学園高) 3-1 小野寺翔平(専大北上高)
浅津碧利(JOCエリートアカデミー/帝京) 3-1 堀川敦弘(愛工大名電高)
濱田一輝(愛工大附属中) 3-0 加賀美利輝(愛工大名電高)
張本智和(JOCエリートアカデミー) 3-0 杉本和也(希望が丘高)


 

手塚(左)が実力者の田中を破り8強入り
 
張本は安定したプレーで準々決勝進出

ラリー戦で強さを見せた戸上も準々決勝へ

濱田は先輩の加賀美を破って勝ち進んだ

詳しい情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
全日本卓球(特設サイト):http://www.japantabletennis.com/zennihon2018

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。
全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。

 

\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事