1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  4. 平成29年度
  5. 全日本卓球2018 ジュニア女子は長﨑と塩見が決勝に進出

全日本卓球2018 ジュニア女子は長﨑と塩見が決勝に進出

ジュニア女子準決勝では長﨑美柚(JOCエリートアカデミー)と塩見真希(四天王寺高)がともにフルゲームの激闘を制して決勝進出を果たした。


 長﨑は大藤沙月(ミキハウスJSC)と対戦。第1ゲームを先制した長﨑だが、第2、第3ゲームはプレーにやや固さが見られたか大藤に先に攻められるケースが目立ち2ゲームを落とした。後がなくなった長﨑は第4ゲームを取り返すと、第5ゲームは前半相手にリードをされながらも10-9とマッチポイントを握ると、最後はチキータレシーブで得点。熾烈な戦いを制して2年連続で決勝へと勝ち上がった。敗れた大藤は「長﨑選手はプレッシャーがあったようで、チャンスはあったと思うが、少しボールを入れにいってしまいました。以前は左右に振られたときに下がってしまうのが弱点でしたが、前でプレーできるようん練習してきて、今大会はそれが出せたと思います。来年は絶対に優勝したいです」と雪辱を誓った。

 もう一方の準決勝では塩見が木原美悠(JOCエリートアカデミー)をゲームオール9本の末に勝利。塩見は木原のフォアサイドへの攻撃に対して後手に回り、2ゲームを落としたが、ここから反撃。バック対バックの展開から木原のミドルをうまく突いてラリーを優位に進めて2ゲームを取り返した。最終ゲームももつれたが10-9とマッチポイントを握った塩見が長いラリー戦を制して決勝へと勝ち上がった。最後の1ラリーはお互いの意地がぶつかりあったが、塩見が攻め切って勝利をつかんだ。

<ジュニア女子準決勝>
長﨑美柚(JOCエリートアカデミー) 6,-9,-9,9,9 大藤沙月(ミキハウスJSC)
塩見真希(四天王寺高) -4,-6,10,8,9 木原美悠(JOCエリートアカデミー)


 

長﨑が大藤との激闘を制して決勝へ
 
塩見は渾身のプレーで木原に勝利


詳しい情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
全日本卓球(特設サイト):http://www.japantabletennis.com/zennihon2018

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。
全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。

 

\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事