1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  4. 平成29年度
  5. 全日本卓球2018 森薗/伊藤がミックスチャンピオンに輝く

全日本卓球2018 森薗/伊藤がミックスチャンピオンに輝く

混合ダブルス決勝は森薗/伊藤(明治大/スターツSC)が軽部/松本(シチズン時計/サンリツ)を3対0で破り、初出場で初優勝を果たした。


 森薗/伊藤は4回戦で田添/前田(専修大/日本生命)、準決勝で大島/早田(木下グループ/日本生命)を破るなど、決勝まで1ゲームも落とさずに勝ち上がってきた。一方の軽部/松本は準決勝で世界王者の吉村/石川(名古屋ダイハツ/全農)に勝利。息の合ったプレーで決勝へ勝ち進んだ。。

 決勝は森薗/伊藤が森薗のチキータから伊藤が強打を叩き込むなど、ゲームをリード。軽部/松本はロングサービスを織り交ぜて森薗のチキータを封じようとするも、森薗/伊藤がきっちりと対応して11-8でゲームを先制。続く第2ゲームは軽部の台上プレーが光り、森薗/伊藤に迫るが、要所では森薗/伊藤が強さを見せる。10-9のラリーでは森薗がバックサイドのボールをフォアハンド強打を決めるなど、厳しいプレーで2ゲームを連取した。第3ゲームも森薗/伊藤が接戦の中で球際の強さを見せ、3対0で勝利。初出場で初優勝を達成した。

 両者ともにダブルスが非常にうまく、今大会の混合ダブルスでもその実力を発揮した2人。今後は国内大会はもちろん、国際大会での活躍にも期待したい。

<混合ダブルス決勝>
森薗/伊藤(明治大/スターツSC) 8,9,11 軽部/松本(シチズン時計/サンリツ)


 

森薗/伊藤が全試合ストレート勝ちで王者に輝く!

詳しい情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
全日本卓球(特設サイト):http://www.japantabletennis.com/zennihon2018

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。
全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。

 

\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事