1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  4. 平成29年度
  5. 全日本卓球2018 女子ダブルスのベスト8が出そろう

全日本卓球2018 女子ダブルスのベスト8が出そろう

女子ダブルス5回戦では、優勝候補の早田/伊藤(日本生命/スターツSC)、前回2位のがある土田/宋(中国電力)らがベスト8へと勝ち上がった。


 早田/伊藤は前回王者の平田/永尾(アスモ)を破った鈴木/安藤(日立化成/専修大)と対戦。安定感のある鈴木の両ハンドと安藤の威力のあるフォアハンドスマッシュに苦しみ、フルゲームまでもつれたが、最後まで攻め切って勝利を手にした。敗れた鈴木/安藤は「何本打っても返ってきて、決まったと思っても返ってきました。1点欲しいときに向こうのほうが上でした。伊藤選手にはミックスで対戦したときにサービスが効いていましたが、今日は対策をされて相手が落ち着いて入れにくるようなレシーブをしてきてきました(安藤)」「実績があって強い相手なので向かっていくだけだと思い、前半は向かっていけましたが、後半の1本欲しいときに少しでもつなぎ気味にしてしまうと、相手に打たれてしまいました。最後まで捨て身の攻撃をする姿勢が足りませんでした」と、勝ちきれなかったことに悔しさをにじませた。


 このほか、昨年2位の土田/宋(中国電力)、平成27年度チャンピオンの大矢/天野(サンリツ)、国際大会でも活躍する佐藤/橋本(ミキハウス)らがベスト8進出を決めた。結果は以下の通り。

 

<女子ダブルス5回戦>
早田/伊藤(日本生命/スターツSC) 3-2 鈴木/安藤(日立化成/専修大)
大矢/天野(サンリツ) 3-0 田中/加藤(早稲田大)
田代/前田(日本生命) 3-0 平/牛嶋(日立化成)
中尾/椛澤(エクセディ) 3-2 政本/朝田(同志社大)
三宅/成本(中国電力) 3-2 山本/明神(中央大)
佐藤/橋本(ミキハウス) 3-2 中村/三輪(大正大)
梅村/塩見(四天王寺高) 3-1 平/松本(サンリツ)
土田/宋(中国電力) 3-1 三條/熊中(青山学院大)

 

早田(左)/伊藤はフルゲームの末に準々決勝進出

国際大会で活躍する佐藤(右)/橋本もベスト8入り

前回2位の土田(右)/宋も上位を狙う

鈴木(左)/安藤は早田/伊藤に迫るもわずかに及ばず

 

詳しい情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
全日本卓球(特設サイト):http://www.japantabletennis.com/zennihon2018

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。
全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。

 

\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事