1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  4. 平成29年度
  5. 全日本卓球2018 男子ダブルスは丹羽/酒井、宇田/張本らが準々決勝へ

全日本卓球2018 男子ダブルスは丹羽/酒井、宇田/張本らが準々決勝へ

男子ダブルス5回戦では前回王者の丹羽/酒井(スヴェンソン/明治大)、水谷/大島(木下グループ)らが準々決勝へと駒を進めた。


 丹羽/酒井は笠原/平野(協和発酵キリン)と対戦。2ゲームを連取後、追いつかれ最終ゲームはジュースまでもつれる展開となったが、12-10で勝ち切ってベスト8入りを決めた。その丹羽/酒井と準々決勝で対戦するのは水谷/大島だ。水谷/大島は三浦/坪井(筑波大)に勝利。接戦となった第2、第3ゲームで粘り強いプレーを見せて勝ち上がった。


 森薗/渡辺(明治大)は松平/田添(木下グループ/専修大)にゲームオール9本で勝利。豪快なラリー戦を制して8強進出を果たした。このほか注目の宇田/張本(JOCエリートアカデミー・大原学園/JOCエリートアカデミー)、社会人チャンピオンの上田/吉田(協和発酵キリン)らがベスト8へと名乗りを上げた。結果は以下の通り。

 

<男子ダブルス5回戦>
丹羽/酒井(スヴェンソン/明治大) 3-2 笠原/平野(協和発酵キリン)
水谷/大島(木下グループ) 3-1 三浦/坪井(筑波大)
宇田/張本(JOCエリートアカデミー・大原学園/JOCエリートアカデミー) 3-1 稲嶋/千葉(埼玉工業大)
張/高木和(東京アート) 3-1 上江洲/松下(愛知工業大)
上田/吉田(協和発酵キリン) 3-1 松山/木造(愛知工業大/愛工大名電高)
森薗/渡辺(明治大) 3-2 松平/田添(木下グループ/専修大)
松平/森本(協和発酵キリン) 3-2 横山/徳島(原田鋼業)
藤村/吉村(日鉄住金物流/愛知工業大) 3-0 神/町(シチズン時計)

 

前回王者の丹羽(左)/酒井は苦しみながらも準々決勝へ

森薗(左)/渡辺はフルゲームの末に勝利

宇田(左)/張本は昨年に続くベスト8入り

社会人王者の上田(右)/吉田も勝ち上がった

 

詳しい情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
全日本卓球(特設サイト):http://www.japantabletennis.com/zennihon2018

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。
全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。

 

\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事