1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  4. 平成29年度
  5. 全日本卓球2018 平野が薄氷の勝利。女子のベスト8が決定

全日本卓球2018 平野が薄氷の勝利。女子のベスト8が決定

女子シングルス6回戦では連覇を狙う平野美宇(JOCエリートアカデミー/大原学園)が芝田沙季(ミキハウス)にゲームオールジュースの末に勝利。苦しみながらもベスト8へ駒を進めた。


「どちらに転んでもおかしくない試合でしたが勝つことができて良かったです」安堵の表情を浮かべながら試合を振り返った平野。強打を誇る芝田にラリー戦で粘られて苦しい戦いとなったが、最後は王者の意地を見せてゲームカウント4対3で勝利を収めた。「相手選手も強いのでこうなることは予想していた」という平野。苦しい中でも勝ち切って次ラウンドへと駒を進めた。一方、芝田は敗れはしたものの大健闘といっていいだろう。「前回対戦より良い試合ができた」と振り返った芝田。今後のさらなる成長に期待したい。


 石川佳純(全農)は早田ひな(日本生命)とのサウスポー対決に勝利。序盤から相手を飲み込むような気迫を感じさせた石川。圧巻のプレーで若手の挑戦を退けた。伊藤美誠(スターツSC)は昨年ベスト4の橋本帆乃香(四天王寺高)を完封。得意のフォアハンドスマッシュでカットの橋本に反撃のチャンスを与えず、ベスト8進出を決めた。


 このほか、石垣優香(日本生命)は安藤みなみ(専修大)をフルゲームの末に破って8強入り。カットだけではなく、隙あらば攻撃で攻めるなど、攻守のバランスの良さを見せた。そのほかの結果は以下の通りとなっている。

 

<女子シングルス6回戦>
平野美宇(JOCエリートアカデミー/大原学園) 4-3 芝田沙季(ミキハウス)
松澤茉里奈(十六銀行) 4-0 森薗美月(サンリツ)
永尾尭子(アスモ) 4-1 大矢未早希(サンリツ)
佐藤瞳(ミキハウス) 4-0 前田美優(日本生命)
伊藤美誠(スターツSC) 4-0 橋本帆乃香(ミキハウス)
石垣優香(日本生命) 4-3 安藤みなみ(専修大)
森さくら(日本生命) 4-0 土井みなみ(中国電力)
石川佳純(全農) 4-1 早田ひな(日本生命)

 

平野は苦しみながらも勝利してベスト8進出

芝田は平野を相手に互角の戦いを見せた

伊藤は橋本のカットを打ち破って8強入り

 

詳しい情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
全日本卓球(特設サイト):http://www.japantabletennis.com/zennihon2018

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。
全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。

 

\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事