1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  4. 平成29年度
  5. 全日本卓球2018【今日の連続写真】水谷隼の一撃全身回転レシーブ

全日本卓球2018【今日の連続写真】水谷隼の一撃全身回転レシーブ

優勝候補筆頭の水谷隼(木下グループ)は、男子シングルス5回戦、6回戦を充実のプレーで突破し、ベスト8へ駒を進めた。ここでは、水谷がレシーブからのフォアハンドドライブ攻撃で得点したラリーを連続写真で紹介する。


水谷隼のレシーブからのフォアハンドドライブ(画像クリックで拡大表示されます)


体の回転を存分に使って、打球に威力を出しつつ相手にコースを読ませない

「レシーブは攻めか守りの二択しかない。そして、レシーブで攻めるチャンスを逃していたら勝機はない」と、かつて卓球レポートの取材で自身のレシーブに対する考えを話してくれた水谷。連続写真1〜8は、バック側に長く来たサービスに対して回り込みフォアハンドドライブで得点したシーンで、水谷のレシーブ観を裏付けるラリーだ。

 バック側に来たサービスをフォアハンドで攻撃できると判断した水谷は、右足をバック側に運んで回り込み、フォアハンドドライブのバックスイングを取った(写真1〜4)。

 特に、参考にしてほしいのが、写真4の体勢だ。このように、台に対して半身になるくらい上体をしっかりひねると、スイングのパワーがたまることに加えて、相手に打球コースを隠すことができる。レシーブに限らず、フォアハンドドライブの決定力を高めようと考えている選手は、ぜひ見習ってほしい。

 上体をしっかりひねって準備した水谷は、ボールを引き付けてから、斜め上方向へのスイングでフォアハンドドライブ(写真5〜6)。写真8で背中の「水谷」のゼッケンの文字がはっきり見えるのは、水谷がバックスイングだけでなく、スイングでも体の回転を存分に使っている証拠だ。

 連続写真が示すように、チャンスを逃さない厳しいレシーブ攻撃を軸に、5回戦で松下(日鉄住金物流)、6回戦で田添(専修大)と難敵を危なげなく退けた水谷。V10に向けて、視界は良好といったところか。

詳しい情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
全日本卓球(特設サイト):http://www.japantabletennis.com/zennihon2018

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。
全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。

\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事