1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 世界卓球
  4. 2018ハルムスタッド
  5. 【男子団体準々決勝】スウェーデンが17ぶりのメダル獲得!

【男子団体準々決勝】スウェーデンが17ぶりのメダル獲得!


スウェーデンがイングランドをストレートで下し、17年ぶりとなるベスト4進出!

3番で勝利決めたJon.パーソン、カメラに猛ダッシュ!

M.カールソン、連夜の大仕事!

イングランドは頼みのピッチフォードが敗れたのが痛かった


 
<男子団体準々決勝>
スウェーデン 3-0 イングランド
 
○K.カールソン 3-0 ドリンコール
○M.カールソン 3-2 ピッチフォード
○Jon.パーソン 3-0  ウォーカー
  K.カールソン  -  ピッチフォード
  M.カールソン  -  ドリンコール
 
 ベンクソン、ワルドナー、そして開催地ハルムスタッドの英雄ヨルゲン・パーソン。伝説の王者たちのDNAを受け継ぐ男たちが準々決勝でイングランドを下し、17年ぶりにベスト4進出を決めた。
 
 1番のK.カールソン対ドリンコールは、K.カールソンがサウスポーらしくフォアハンドドライブをワイドに打ち分け、ドリンコールをストレートで下して先制。
 
 続く2番のM.カールソンは、グループリーグで日本の前に大魔神のように立ちはだかったピッチフォードと対戦。ピツチフォードの剛球に対し、M.カールソンは果敢に挑むが、第1ゲームをジュースで落とす。これまで決定的な勝利を上げてきたM.カールソンもピッチフォードに対してはさすがに厳しいかと思われたが、大歓声の後押しでまたも奮起。力でねじ伏せようとしてくるピッチフォードに対し、カウンタースマッシュとバックハンドドライブで応酬。息詰まる攻防が続いたが、声援で打球面もスイングもぶれなかったM.カールソンがピッチフォードをゲームオール9本で退け、スウェーデンにとって決定的となる2点目をもたらした。
 
 こうなるとイケイケのスウェーデン、3番は今大会の決勝点係ともいうべきJon.パーソンが登場。ひげ面のワイルドな風貌とは裏腹に、安定したバックハンドを軸に手堅いプレーをするJon.パーソンがウォーカーをストレートで圧倒。またしても決勝点を上げた。
 
 スウェーデンは2001年の大阪大会以来、17年ぶりにメダルを獲得。次は、中国と決勝進出をかけて対戦する。2000年のクアラルンプール大会以来の優勝なるか。力では中国が圧倒的に優位だが、大観衆と一体化し、その気になれる今のスウェーデンならば、可能性はゼロではない。
 

 
この声援がスウェーデンチームの大きな力になっている
 


卓レポ.comツイッター:https://www.twitter.com/takurepo/
ITTF(国際卓球連盟):https://www.ittf.com
LIEBHERR WORLD TABLE TENNIS CHAMPIONSHIPS 2018:https://wttc2018halmstad.com
 

(写真=佐藤孝弘 文=猪瀬健治)

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事

Page Top