1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国際大会
  4. ワールドツアー・ジャパンオープン
  5. 【ジャパンオープン】男女ダブルス準々決勝ハイライト

【ジャパンオープン】男女ダブルス準々決勝ハイライト

【女子ダブルス準々決勝】
早田/伊藤が劉詩雯/王曼昱に惜敗
 
劉詩雯/王曼昱(右)が辛くも逃げ切った

敗れたが、絶妙なペアリングを見せた早田(左)/伊藤

 
 
 早田/伊藤と劉詩雯/王曼昱(中国)との対戦は熾烈なシーソーゲームになった。前陣で劉詩雯、中陣で王曼昱という棲み分けがきっちりできている中国ペアに対し、日本ペアは伊藤が前陣で予測不能のプレーでかき乱し、早田が続く連係で真っ向勝負を挑む。最終の第5ゲームは早田のバックハンドがよく決まって4-0と引き離す。しかし、このリードで安心してしまったのか、日本ペアはここから7連続失点を喫し、中国ペアに逆転を許してしまう。それでも9-10まで追いすがったが、最後は伊藤が3球目を打ち急いでネットにかけ、準決勝進出はならなかった。
 敗れはしたが、あらためて早田/伊藤のペアリングは絶妙だった。一般に、伊藤のように変幻自在なプレーヤーとペアを組む場合、チャンスボールが来ることが多い半面、次を打つプレーヤーは待ちが難しくなるものだが、早田は見事な予測と対応力で伊藤がつくったチャンスを物にしていた。中国選手をかく乱できる伊藤と、伊藤がつくったチャンスを決め切れる早田のプレーぶりは、近い将来、どでかいことを成し遂げそうな気配に満ちていた。
 顧玉婷/木子(中国)は、集中しきれないようなプレーでバラゾバ/マテロバ(スロバキア/チェコ)にゲームオールで迫られるがなんとか逃げ切った。
 田志希/梁夏銀(韓国)対サマラ/スッチは、田志希/梁夏銀が勝利。鄭先知/劉馨尹(チャイニーズタイペイ)対呉穎嵐/蘇慧音(中国香港)はゲームオールまでもつれたが、ラリー戦でわずかに上回った鄭先知/劉馨尹が準決勝進出を果たした。
 
明日行われる女子ダブルス準決勝のカードは以下の通り。
 
劉詩雯/王曼昱(中国)対田志希/梁夏銀(韓国)
鄭先知/劉馨尹(チャイニーズタイペイ)対顧玉婷/木子(中国)


 
【男子ダブルス準々決勝】
張本/木造が準々決勝で敗退
 
梁靖崑(右)/周愷は球威で優位に立った

張本(右)/木造は速攻で見せ場をつくったが…

 
 
 張本/木造は梁靖崑/周愷と対戦。日本ペアはたたみかけるような速攻で見せ場をつくるが、中国ペアの球威に押され、ゲームカウント1対3で敗戦。準決勝進出はならなかった。
 廖振珽/林昀儒(チャイニーズタイペイ)対D.チウ/ドゥダ(ドイツ)はD.チウのくせの強い裏面にうまく対応した廖振珽/林昀儒が勝利。
 黄鎮廷/何鈞傑(中国香港)対荘智淵/陳建安(チャイニーズタイペイ)はゲームオールまでもつれたが、黄鎮廷/何鈞傑がよく動いて元世界王者の荘智淵/陳建安を振り切った。
 李尚洙/鄭榮植(韓国)対林鐘勲/張禹珍(韓国)の韓国同士の対戦は、各ゲームとも競り合ったが要所を先輩の李尚洙/鄭榮植が締め、準決勝に進出した。
 
明日行われる男子ダブルス準決勝のカードは以下の通り。
 
黄鎮廷/何鈞傑(中国香港)対李尚洙/鄭榮植(韓国)
梁靖崑/周愷(中国)対廖振珽/林昀儒(チャイニーズタイペイ)


 
 

卓レポ.comツイッター:https://www.twitter.com/takurepo/
ITTF(国際卓球連盟):https://www.ittf.com
ITTF本大会公式ページ:https://www.ittf.com/tournament/2818/2018/2018-ittf-world-tour-japan-open/
LION 卓球ジャパンオープン 荻村杯 北九州大会:http://www.japantabletennis.com/japanopen2018/

 

(写真=佐藤孝弘 文=猪瀬健治)

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事