1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. インターハイ
  5. 女子学校対抗のベスト4が決定! 4シードが順当勝ち

女子学校対抗のベスト4が決定! 4シードが順当勝ち

女子学校対抗は準々決勝が行われ、ベスト4が決定。4シードが順当に準決勝へ進出した。

◯四天王寺(大阪) 3対1 希望が丘(福岡)
 
先制点を上げた四天王寺の塩見。優勝の鍵を握る選手だ

2番で一矢報いた希望が丘の稲吉

 

 第1シードの四天王寺は、難敵の進徳女子(広島)を倒して上がってきた希望が丘(福岡)と対戦。

 前半で本井が稲吉に敗れて折り返すも、宮﨑/髙橋のダブルスをきっちり取って流れを渡さず3対1で勝利。準決勝へと駒を進めた。勝ちはしたものの、前半の失点がどのように影響するのか。四天王寺の次戦に注目したい。
 

 
 ◯愛み大瑞穂(愛知) 3対1 富田(岐阜)

中田が変幻自在のカットで決勝点!

富田は岡本(右)/信田が望みをつないだが…

 
 東海勢同士で、なおかつ春の選抜3位同士の戦いになったこの試合は、地元愛知の愛み大瑞穂が勝利。前半で2点先取し、ダブルスを取られたが4番でカット主戦型の中田がきっちり勝利し、ベスト4に進出した。
 エース野村を中心にチームオーダーに穴がなく、地の利もある。明日の四天王寺との準決勝は熱い戦いになりそうだ。


◯遊学館(石川) 3対2 横浜隼人(神奈川)
 
4番でゲームオールのしびれる試合を乗り切った千葉

横浜隼人は青木(左)/小畑で2対1と王手をかけたが…
 
 四天王寺と並ぶ優勝候補の遊学館は、正智深谷(埼玉)との関東勢対決を制して勝ち上がってきた横浜隼人と対戦。前半で1点とダブルスを取られ、1対2とされるが、4番の千葉、5番の相馬が落ち着いて勝ち点を上げ、ベスト4に進出した。
 スコアは3対2と紙一重の勝負だったが、見方を変えれば追い込まれても勝ち切るだけの層の厚さの表れであり、チームとしての経験値が上がったともいえる。明日の遊学館がどんな戦いぶりを見せてくれるのか楽しみだ。
 
 
 
◯明徳義塾(高知) 3対2 武蔵野(東京)

明徳義塾のラストは岡田が決めた!

武蔵野のポイントゲッターとして活躍したカットの黒野

 
 第2シードの明徳義塾は、山陽女子(岡山)を倒して勝ち上がってきた武蔵野(東京)と対戦。2対2までもつれたゲームは、5番で岡田が坂元を退け、ベスト4に進出した。敗れたとはいえ、山陽女子に勝ち、明徳義塾に肉薄した武蔵野の戦いぶりは今夏に大きな印象を残した。
 勝った明徳義塾は、明日決勝をかけて遊学館と対戦する。
 
 
●武蔵野 太田康仁監督のコメント
「組み合わせ次第では1回戦で負けてもおかしくなかったので、恵まれた部分はありましたが、それを生かしてベスト8には入ることができました。3回戦の山陽女子戦が一つの山でしたが、そこを接戦で勝てたのはよかった。明徳義塾とは対戦する機会が多いのですが、初めて2点取ることができました。ただ、戦術面で(明徳義塾が)しっかりしていて、そこに対応しきれなかったところがある。うちもそういうところをつくっていかなければならないと感じました」
 
 
 

卓レポツイッターでも速報を配信中。ぜひご覧ください!

全国高体連卓球専門部:http://www.koutairen-tt.net
インハイTV:https://inhightv.sportsbull.jp

(写真=佐藤孝弘 文=猪瀬健治)

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事

Page Top