1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. インターハイ
  5. 男子学校対抗のベスト4が決定! 野田学園が敗れる波乱

男子学校対抗のベスト4が決定! 野田学園が敗れる波乱

男子学校対抗は準々決勝が行われ、ベスト4が決定。優勝候補の野田学園が鶴岡東に敗れる波乱があった。

 ◯愛工大名電(愛知) 3対0 東山(京都)
 
1本足りとも気を抜かなかった愛工大名電

東山は春のリベンジならず

 

 春の選抜で両校は予選リーグで対戦し、そのときは愛工大名電が勝ったものの、東山に敗戦寸前まで追い込まれた。加えて、東山は準々決勝で静岡学園(静岡)との激闘を制した勢いもある。今回も競り合いが予想されたが、結果は愛工大名電が東山をストレートで下した。

 愛工大名電は、曽根と田中を前半に並べて2点を先制すると、準々決勝では敗れた田中/加山のダブルスがきっちり勝利し、ベスト4に進出した。

 
●東山 宮木監督のコメント
「相手(愛工大名電)は1本も気を抜かずに来ました。うちには選抜のときのような力はありませんでしたね。ただ、準々決勝で選手はよく頑張ってくれました。またこれから新しいチームづくりのスタートです。愛工大名電と東山の伝統校対決はこれからも続いていくと思いますので、いつかリベンジしたいですね」

 
 ◯滝川第二(兵庫) 3対0 上宮(大阪)

稲垣/橋田が決勝点!

史上初のベスト4に沸く滝川第二応援団

 
 関西勢同士の戦いになったこの試合は、滝川第二がストレートで上宮を下し、史上初のベスト4入りを果たした。強豪の希望が丘(福岡)を破った新潟産大附(新潟)と3回戦で対戦した滝川第二は、0対2の劣勢から逆転勝利。その勢いのまま、上宮を一気に飲み込んでしまった。
 
●滝川第二 松尾監督のコメント
「ラッキーです。失うものはなにもないので、試合が多くできてただただラッキーです。ベスト4は初です。明日も1点でも1ゲームでも多く取ることが目標です」


 ◯鶴岡東(山形) 3対2 野田学園(山口)
 
佐藤が宮川を振り切った!

よもやの敗戦に呆然の野田学園。来年の巻き返しに期待だ
 
 鶴岡東対野田学園は男子学校対抗準々決勝最大のアップセットになった。大エースの戸上を擁する野田学園が有利かと思われたが、鶴岡東は戸上のシングルスとダブルス以外の3点を取り切る総合力の高さで、波乱を演じた。
 勝負を決したのは、2台進行で実質のラストになった4番の佐藤対宮川。実績、実力では宮川が上かと思われたが、宮川は気負いすぎての打ちミスが目立つ。一方の佐藤は、ブロックや好機での攻めなどできることに徹し、試合はゲームオールまでもつれ込んだ。10-9佐藤リードで、硬さの取れない宮川のバックハンドドライブがオーバーすると、佐藤は歓喜で床に倒れ込んだ。
 
●野田学園 橋津監督のコメント
「これだけできなかったら仕方ないです。もちろん優勝狙って来ていろいろな大学にもご協力いただき、仕上がりもよくて。ただ、これだけできなかったら仕方ない、その一言です。いろんな準備をしてきたつもりですけど、またゼロから、いやマイナスからですね、また出直してきます。(相手に)向かってこられる準備とか覚悟とかをやりきってこの結果なので仕方ないです。なかなか難しいですね。全て僕の責任です」
 
 
◯遊学館(石川) 3対1 明徳義塾(高知)

畑が接戦を締めた!

岩本(左)/神野が反撃ののろしを上げたが…

 
 第2シードの遊学館は、明徳義塾を3対1で退け、ベスト4に進出した。遊学館は前半で2対0とリードし、3番のダブルスもゲームカウント2対0とリード。だが、ここから明徳義塾の粘りにあって失点し、2対1で4番を迎えた。4番の畑は勝ち切り、3対1でベスト4入りを決めた。
 明徳義塾としては、2番の手塚がゲームカウント2対0リードから清野に逆転負けしたのが痛かった。
 
●明徳義塾 佐藤監督のコメント
「最後は精神的な面でやられました。選手がそろっているのは遊学館の方ですが、技術は五分五分だと思います。遊学館の選手は大事なところで攻めてくる。うちの選手は守ってしまう。卓球は守ったら勝てない。もう一回やり直すしかないですね。
 準々決勝は2対0でスタートしてもおかしくないところを0対2のスタートになってしまった。悔しいですね。でも3年生のダブルスはよく頑張ってくれました。岩本は昨日まで熱が出ていたが、大阪桐蔭戦でも遊学館戦でもベストプレーを見せてくれました。1、2年生に見習ってほしいと思いますね」
 
《おわびと訂正》
遊学館と明徳義塾の対戦に関しまして、試合直後、誤った記事を掲載しておりました。
4番、5番が2台進行で行われ、5番の試合について、遊学館の選手が先に敗戦した旨の記述をしておりましたが、実際は、4番の試合が終わった時点で5番は試合途中でした。おわびして訂正いたします。
関係の方々、ならびに、記事を読んでいただいた方々に誤った報道でご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。今後誤りがないよう努めてまいります。
 

卓レポツイッターでも速報を配信中です

全国高体連卓球専門部:http://www.koutairen-tt.net
インハイTV:https://inhightv.sportsbull.jp

(写真=佐藤孝弘 文=猪瀬健治)

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事

Page Top