1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. インターハイ
  5. 男女学校対抗はベスト8が決定

男女学校対抗はベスト8が決定

男女学校対抗は3回戦が行われ、ベスト8入りをかけて熱い戦いが繰り広げられた。
 
東山が静岡学園を振り切った!

 愛工大名電(愛知)は慶誠(熊本)を下したが、3番の田中/加山のダブルスが競り負け、今後に不安を残した。一方、トップに出場した曽根がルーキーらしからぬ堂々としたプレーで先制点を上げたのは明るい材料だろう。

 第2シードの遊学館(石川)は出雲北陵(島根)に、野田学園(山口)は樹徳(群馬)に、それぞれ力の差のある内容でストレートで勝利し、ベスト8へ。
 鶴岡東(山形)は北科大(北海道)を、上宮(大阪)は瓊浦(長崎)をそれぞれ3対1で下し、ベスト8進出。
 滝川第二(兵庫)は、昨日希望が丘(福岡)を倒した新潟産大附(新潟)に0対2でリードされたが、そこから逆転勝ち。明徳義塾(高知)は2番の手塚が踏ん張って勝ち点を挙げ、大阪桐蔭(大阪)に3対1で勝利。
 最後までもつれた東山(京都)対静岡学園(静岡)は、3対2で東山が競り勝った。

 


武蔵野の青木が山陽女子から決勝点!

 女子は第1シードの四天王寺(大阪)が奈良女子(奈良)を、第2シードの明徳義塾(高知)が木更津総合(千葉)をそれぞれストレートで下して準々決勝へ。
 遊学館(石川)は、注目のリベルテ(大阪)をストレートで下し、ベスト8入り。
 中シードの山陽女子(岡山)は各試合とも競り合ったが、武蔵野(東京)に1対3で競り負けた。
 春の選抜3位の富田(岐阜)は、浜松修学舎(静岡)を3対2で振り切った。希望が丘(福岡)も、進徳女子(広島)に3対2で勝利。愛み大瑞穂(愛知)も福井商業(福井)を3対2で破り、準々決勝へ駒を進めた。
 接戦が予想された横浜隼人(神奈川)対正智深谷(埼玉)は、3対2で横浜隼人に軍配が上がった。
 
 
 
 

卓レポツイッターでも速報を配信中。ぜひご覧ください!

全国高体連卓球専門部:http://www.koutairen-tt.net
インハイTV:https://inhightv.sportsbull.jp

(写真=佐藤孝弘 文=猪瀬健治)

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事

Page Top