1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. その他の国内大会
  5. 全国ホープス 男子団体はT.Cマルカワが優勝

全国ホープス 男子団体はT.Cマルカワが優勝


平成30年8月1〜16日、エスフォルタアリーナ八王子(東京)で、ロート製薬杯第36回全国ホープス卓球大会が開催された。全国の厳しい予選を勝ち抜いてきた小学生のチームが日本一の座を賭けて熱戦を展開。男子団体はT.Cマルカワ(岡山)が優勝を飾った。
T.Cマルカワが2年越しの悲願を成就!

丸川が4番で決勝点!

センスが光る両ハンドプレーを見せた丸川

田畑(左)/金光は決勝で快勝!

●男子団体決勝
T.Cマルカワ 3-1 川嶋ジュニア
◯丸川 -9,5,3,-7,10 登尾
田畑 8,6,-9,-7,-8 石山◯
◯田畑/金光 8,7,8 登尾/竹島
◯丸川 4,-5,7,-5,8 石山
金光 - 竹島
 男子団体はT.Cマルカワ(岡山)が初優勝を果たした。
 川嶋ジュニア(大阪)との決勝は、トップで丸川が登尾とのゲームオールジュースの激しい打ち合いを制して先制するも、2番の田畑は相手エース・石山の豪腕に2ゲーム先取から逆転で敗れ、1対1のタイに。しかし、3番の田畑/金光がストレートで快勝すると、4番の丸川が石山をゲームオールで退け、優勝を決めた。
 ホープス2位の田畑にセンスフルに両ハンドを操る丸川、思い切りのいいフォアハンドドライブが光る金光というT.Cマルカワの穴のないオーダーは、他を一歩リードしていた。
●丸川監督のコメント
「2年前に『今年優勝する』と目標を掲げてやってきたので、今年優勝できて本当に嬉しく思います。泣きそうです。
 今回は僕の息子(丸川)がメンバーにいて息子の扱いが難しかったのですが、(勝敗の)キーになるので、どれだけうまく息子を乗せて行けるかが勝負どころでした。最後勝ってくれたので最高によかったです。
(ホープス2位の)田畑は調子を落としていたというか、自分が負けちゃだめだと思い込んでいて、そこをうまく乗せ切れなかった反省点はありますが、最後にダブルスをすっきり勝ってくれてよかったです」



川嶋ジュニアが大躍進の2位

ホープス離れした球威が魅力の石山

チームの守護神・竹島。気迫のプレーで2度のラストを勝った

 2位の川嶋ジュニア(大阪)は、2回戦で髙橋卓球クラブ(岩手)、準決勝で岸田クラブ(神奈川)とのラストまでもつれる接戦を制して勝ち上がった。T.Cマルカワにはわずかに及ばなかったが、エースの石山をはじめどの選手も動きがよく、フォアハンドの決定打が光っていた。

見事なチームワークを見せた21クラブ

岸田クラブは廣田(写真左)の活躍が光った

 3位には、第1シードの田阪卓研(京都)に勝ったアシュラ(愛知)を準々決勝で接戦の末に下した21クラブ(三重)と、カット主戦型の廣田の活躍が目を引く岸田クラブ(神奈川)が入った。

日本卓球協会大会ホームページ:http://www.jtta.or.jp/tournament/tabid/122/rptid/422/Default.aspx

(写真/文=猪瀬健治)

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事