1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. その他の国内大会
  5. 全日本ホープス・カブ・バンビ 〜松島が5連覇達成、張本美和は2階級制覇〜

全日本ホープス・カブ・バンビ 〜松島が5連覇達成、張本美和は2階級制覇〜

平成30年度全日本選手権大会(ホープス・カブ・バンビの部)が7月27〜28日までグリーンアリーナ神戸(兵庫)で開催された。今大会は、台風接近のため異例のスケジュール変更が行われ、最終日に行われる予定だった準々決勝以降の試合が大会2日目の28日に行われることとなった。

【ホープス男子】松島輝空が5連覇達成!

 
松島は5連覇を達成!

田畑は高い攻撃力で決勝へ

<ホープス男子決勝>
松島輝空(木下グループ/京都) 6,3,-10,7 田畑雄飛(T.Cマルカワ/岡山)
 

松島は昨年、カブの決勝を戦った吉山(TC中原)との準決勝で、ゲームオールジュースの大激戦を乗り越えると、決勝では持ち前の早い打球点のバックハンドを軸に鋭い両ハンドで、打撃戦に強い田畑の挑戦を退け、見事5連覇を達成した。
3位には薛大斗(かほくジュニア)と吉山和希が入った。



【ホープス女子】カットの吉田一葉が初優勝!
 

粘り強いカットで大躍進の吉田

面手は2連覇ならず

<ホープス女子決勝>
吉田一葉(さくら組ジュニア/山口) -8,8,8,6 面手凛(T.Cマルカワ/岡山)
 
ホープス女子はこれまでホープス・カブ・バンビでは2回戦進出が最高成績というカット主戦型の吉田が、攻撃力の高い姚(卓伸クラブ)や栗山(AQクラブ)を高いサービス力と粘り強い守備で破り、決勝では昨年カブ女子で優勝している面手を退けて初優勝を果たした。2連覇を狙った面手は安定した両ハンドで準決勝では青木(石田卓球クラブ)との接戦を制して決勝に進出した。
3位に入ったのは栗山優菜と青木咲智。
 


【カブ男子】渡部民人が初優勝
 
実力者の渡部がカブで初優勝

恵まれた体格から威力のある攻撃を放った日野

<カブ男子決勝>
渡部民人(偉関TTL/東京) 5,5,4 日野湊介(柏ソレイユ/千葉)
 
前陣で両ハンドを振る渡部が、決勝で攻撃力のある日野に、早い打球点で先手を取ってストレート勝ち。念願の初優勝を果たした。日野は長身から繰り出す威力のある両ハンドドライブで、準々決勝で昨年のバンビチャンピオン岩井田(誠卓球CL.)を破った佐々木(片山卓球クラブ)との激戦を制し、決勝進出を決めた。
3位には中野琥珀(岸田クラブ)と佐々木雄大が入った。



【カブ女子】張本美和が2階級制覇!

着実に実力を伸ばす張本がバンビに続きカブも制覇

バランスのよい攻守で勝ち上がった竹谷

<カブ女子決勝>
張本美和(木下グループ/茨城) 7,4,4 竹谷美涼(初喜TTC/福岡)
 
張本美和が1年生でバンビを制してから3年ぶりの優勝。一球一球が回転量の多い質の高いボールで、相手に簡単に反撃を許さずに一気に勝ち上がった。相手の思いきりのいいカウンターに苦戦する場面も見られたが、決勝はストレート勝ちで決めた。竹谷は安定した攻守と集中力の高いプレーで準々決勝、準決勝とゲームを落とさずに決勝進出を果たした。
3位には高森愛央(T.Cマルカワ)と佐藤希未(マイダス)が入った。
 


【バンビ男子】立川凜が初優勝
 
立川は大人びた卓球でバンビを初制覇

大野は1年生ながらパンチの効いたカウンター

<バンビ男子決勝>
立川凜(インフTTS/広島) 4,7,8 大野颯真(ABBEY/鹿児島)
 
近年レベルアップのめざましいバンビ男子決勝は今大会もレベルの高い試合となった。攻めるだけでなく、相手の攻撃にもうまく対応した立川が、大人びたプレーでストレート勝ちを決めた。大野もカウンターで好プレーを見せたが、相手を崩しきれず。
3位には小林右京(ピンテック)と加瀬楓真(千城クラブ)が入った。



【バンビ女子】髙橋

髙橋は0対2からの逆転優勝

渡辺は惜しくも初優勝を逃した

<バンビ女子決勝>
髙橋青葉(TIT/群馬) -7,-8,8,6,7 渡辺葵(新発田ジュニア/新潟)
 
バンビ女子決勝も激戦となった。序盤は大野の連続攻撃の前に硬さが見られた髙橋だったが、0対2と後がなくなったところから、本来の鋭い両ハンド攻撃が返ってきて逆転優勝。大会スケジュール変更のため、特にバンビ世代には強行軍となったが両名とも最後まで高い集中力で戦いきった。
3位には岩本詩菜(石田卓球クラブ)と廣田夢里(岸田クラブ)が入った。


各種目ベスト4のプレー写真は後日卓レポインスタグラムで公開します。
 


本大会の詳細な記録はこちら
日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp/

(写真/文=佐藤孝弘)

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事

Page Top