1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 世界ジュニア
  4. 2018オーストラリア
  5. 2018年世界ジュニア 日本女子は全4選手が1回戦突破

2018年世界ジュニア 日本女子は全4選手が1回戦突破

世界ジュニア選手権オーストラリア大会6日目、男女シングルスは予選グループリーグに続き、決勝トーナメントの1回戦が行われた。16名のシード選手に加え、予選グループ16の各グループ首位の16名の32名で本戦がスタート。

wjc181207-01.jpg大藤は危なげなくストレート勝ち

wjc181207-02.jpg相馬は変化カットで陳亭婷に4対0

wjc181207-03.jpg長﨑はヨキッチを攻撃力の高さで圧倒

wjc181207-04.jpg木原は攻守のメリハリを利かせてカットのヤンに完勝

wjc181207-05.jpgA.ワンは堅実なプレーで韓国のエース申裕斌に勝利

wjc181207-06.jpgA.ワンのベンチには元中国代表の高軍(ガオ・ジュン)

<女子シングルス1回戦>
石洵瑶(中国) 7,4,3,5 プライアン(ルーマニア)
ゴーティエ(フランス) 4,7,-3,10,-7,8 A.ベングジン(ポーランド)
B.タカハシ(ブラジル) -11,7,6,5,8 ボンダレワ(ドイツ)
大藤沙月(日本) 3,5,7,2 グリゲロバ(スロバキア)
ディアス(プエルトリコ) 7,-13,-8,6,2,9 周穎詩(香港)
相馬夢乃(日本) 7,6,7,6 陳亭婷(台湾)
A.ワン(アメリカ) -10,8,-11,10,8,6 申裕斌(韓国)
郭雨涵(中国) 8,10,3,12 スルヤン(セルビア)
長﨑美柚(日本) 5,6,-6,4,5 ヨキッチ(セルビア)
黄凡真(中国) 6,8,7,-10,8 李嘉儀(香港)
ドラゴマン(ルーマニア) 7,6,-6,7,5 柳漢娜(韓国)
蘇珮綾(台湾) 8,-9,8,12,7 J.サウェッタブット(タイ)
K.ベングジン(ポーランド) 12,-6,-7,10,9,9 カマト(インド)
木原美悠(日本) 3,8,1,2 ヤン(アメリカ)
タイラコワ(ロシア) 7,11,-9,9,4 パブロビッチ(クロアチア)
銭天一(中国) 7,5,8,10 ラウレンティ(イタリア)

 女子シングルス決勝トーナメントが始まった。日本女子は予選から出場した相馬が全勝で決勝トーナメントに進出を決め、日本勢は大藤、相馬、長﨑、木原の4選手が登場。全員が危なげなく2回戦にコマを進めた。
 大きな波乱はなかったものの、韓国の若きエース申裕斌がジュニア世代ならではのもろさを見せて、堅実なプレーのA.ワンに逆転負け。韓国勢はベスト16に誰も残らないという結果に終わった。
 ベスト16のうち、半分を占めたのが全員が勝ち残った日本勢と中国勢。団体戦の結果を反映する勝ち上がりとなっているが、ヨーロッパ、北南米の選手の活躍にも期待したい。

明日の2回戦(ベスト8決定戦)の組み合わせは

石洵瑶(中国) ー ゴーティエ(フランス)
B.タカハシ(ブラジル) ー 大藤沙月(日本)
ディアス(プエルトリコ) ー 相馬夢乃(日本)
A.ワン(アメリカ) ー 郭雨涵(中国)
長﨑美柚(日本) ー 黄凡真(中国)
ドラゴマン(ルーマニア) ー 蘇珮綾(台湾)
K.ベングジン(ポーランド) ー 木原美悠(日本)
タイラコワ(ロシア) ー 銭天一(中国)

卓レポ.comでは随時、ツイッターとこちらの大会報道で情報をアップしていきますのでお楽しみに!

卓レポツイッター:https://twitter.com/takurepo

日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事

Page Top