1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  4. 平成30年度
  5. 全日本卓球2019 混合ダブルスはベスト4が決定

全日本卓球2019 混合ダブルスはベスト4が決定

丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)で開催されている平成30年度全日本選手権大会。3日目は混合ダブルスの準々決勝が行われ、ベスト4が決定した。

森薗(左)伊藤はいまだ1ゲームも落とさず。この二人に勝つペアは現れるのか?

田添(右)と浜本は高い攻撃力で準決勝進出

阿部(手前)がチャンスメイクし、上村が決める連係を貫き、競り勝った

昨年2位の難敵を退けた張本(右)/長﨑。明日は頂点に挑む


●混合ダブルス準々決勝の結果
森園/伊藤(岡山リベッツ/スターツSC)3-0 上村/木村(大阪桐蔭高/専修大)

田添/浜本(木下グループ)3-0 皆川/上野(立命館大/龍谷大)

上村/阿部(シチズン時計/早稲田大)3-2 張/森薗(Y.Y卓球クラブ/TOP名古屋)

張本/長﨑(JOCエリートアカデミー/JOCエリートアカデミー・大原学園)3-1 軽部/松本(鹿児島相互信用金庫/サンリツ)

 またも森薗/伊藤は1ゲームも落とさずストレート勝ち。負けてもともとと向かってくる相手に1ゲームも落とさないということは、よほどの力があることの証左だろう。
 田添/浜本は勢いのある皆川/上野にストレート勝ち。二人とも攻撃力が高いだけに、明日の森薗/伊藤との試合が楽しみだ。
 上村/阿部は、阿部の異質ラバーでのバックハンドでチャンスをつくり、上村が仕留めるパターンで、優勝経験ペアの張/森薗に競り勝った。
 張本/長﨑は、昨年2位の軽部/松本の老獪なプレーに序盤苦しみ、ゲームカウント1対1のタイになるが、3ゲーム目以降はチキータからの連打を炸裂させて勝ち切った。
 今のところ森薗/伊藤の力がずば抜けているが、このままあっさり2連覇を決めるのか。それとも、張本/長﨑を筆頭に、ほかのペアが優勝をさらうのか。チャンピオンペアは明日誕生する。
 明日の10:30から行われる混合ダブルス準決勝の組み合わせは以下の通りになっている。
 
●混合ダブルス準決勝の組み合わせ
森園/伊藤(岡山リベッツ/スターツSC)- 田添/浜本(木下グループ)

上村/阿部(シチズン時計/早稲田大)- 張本/長﨑(JOCエリートアカデミー/JOCエリートアカデミー・大原学園)

(文=猪瀬健治 写真=佐藤孝弘)

卓レポツイッターでは大会の速報をお届けしています。

詳しい試合の結果は大会公式サイトでご確認ください。
全日本卓球:http://www.japantabletennis.com/zennihon2019/

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事