1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  4. 平成30年度
  5. 全日本卓球2019 ジュニア男子は宇田、戸上、松島らがベスト8へ

全日本卓球2019 ジュニア男子は宇田、戸上、松島らがベスト8へ

丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)で開催されている平成30年度全日本選手権大会。3日目はジュニア男子が5回戦まで行われ、ベスト8が決定した。

宇田は第一シードの力をいかんなく発揮

戸上は気合い十分に攻めてベスト8入り

どこまで続く!?松島の快進撃

ガッツあふれるプレーでベスト8入りしたサウスポーの今泉


●ジュニア男子5回戦の結果
宇田(JOCエリートアカデミー/大原学園)3-0 後藤(静岡学園高) 
堀川(愛工大名電高)3-1 鈴木(愛工大名電中)  
谷垣(愛工大名電中)3-2 宮川(野田学園高) 
今泉(野田学園中)3-1 久世(県立知立東高) 
松島(木下グループ)3-1 阿部(希望が丘高) 
横谷(愛工大名電高)3-2 杉本(希望が丘高) 
篠塚(愛工大名電中)3-0 加山(愛工大名電高)   
戸上(野田学園高)3-0 伊藤(安田学園中)

 宇田は第1シードの実力通り、後藤をストレートで下し、難なくベスト8入りを決めた。
 第2シードの戸上は、4回戦で曽根(愛工大名電高)を下した伊藤と対戦。優勝候補を倒した伊藤の勢いが戸上をも脅かすか見物だったが、インターハイ王者は強かった。戸上はほとんど攻めっぱなしのプレーで伊藤を完封し、準々決勝進出。
 そして、5回戦で一番のハイライトが松島。実力者の阿部に対してはきついかと思われたが、松島は阿部の粘り強く威力のある両ハンドドライブを前陣でさばき、ときにはカウンターを決めて見事に勝利。松島は一戦ごとに強くなっている感があり、明日もどこまで勝ち上がるか楽しみだ。
 そのほかでは、今泉が久世とのノーシード対決を持ち前の気合いで制し、ベスト8入り。横谷は杉本とのゲームオールの接戦を制し、明日松島の挑戦を受ける。

(文=猪瀬健治 写真=佐藤孝弘)

卓レポツイッターでは大会の速報をお届けしています。

詳しい試合の結果は大会公式サイトでご確認ください。
全日本卓球:http://www.japantabletennis.com/zennihon2019/

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事