1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  4. 平成30年度
  5. 全日本卓球2019 ジュニア女子は長﨑、木原、大藤らが順当にベスト8へ

全日本卓球2019 ジュニア女子は長﨑、木原、大藤らが順当にベスト8へ

丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)で開催されている平成30年度全日本選手権大会。3日目はジュニア女子が5回戦まで行われ、ベスト8が決定した。

球威でラリー巧者の藤田を圧倒した長﨑

見事なボディーバランスで前陣を牛耳る木原

大藤は苦しい展開が続いたが、なんとか勝ち切った

異質バックハンドの精度と変化はピカイチの出澤。台風の目となるか?


●ジュニア女子5回戦の結果
長崎(JOCエリートアカデミー/大原学園)3-0 藤田(横浜隼人高) 
稲吉(希望が丘高)3-2 新井(丸子橋卓球スタジオ) 
木塚(済美高)3-0 麻生(香ヶ丘リベルテ高) 
出澤(大成女子高)3-1 川北(正智深谷高) 
大藤(ミキハウスJSC)3-2 谷渡(富田高) 
青木(横浜隼人高)3-1 岡田(明徳義塾中・高)  
相馬(遊学館高)3-2 浅井(桜丘高) 
木原(JOCエリートアカデミー)3-0 中森(ミキハウスJSC)

 第1シードの長﨑は、藤田と対戦。ラリーに強い藤田を球威で圧倒し、ストレート勝利でベスト8入りを決めた。
 第2シードの木原も圧巻のプレーを披露。中森のキレのいい両ハンドを物ともせずに前陣で両ハンド強打を決め、ベスト8進出。どんなに不意を突かれても体のバランスが崩れることがなく、非常にボディーバランスのいい選手だ。
 一方、長﨑、木原と並び優勝候補の一角に数えられる大藤は苦しんだ。谷渡の思い切りのいい両ハンド攻撃に押され、ゲームオールまで迫られた。最後は得意のサービスからの両ハンドドライブで逃げ切ったが、この苦戦が明日のトーナメントにどのように影響するのか注目したい。
 そのほか、ベスト8に入った顔ぶれで注目は、出澤。バック面に異質ラバーを貼る選手で、4回戦では変化の激しい小塩(JOCエリートアカデミー)のカットをほとんどバックハンドで攻める驚きのカット攻略を披露した。ロングボールに対しても安定して変化のあるバックハンドが打てるため、ほかの選手にとってはあまり当たりたくない相手だろう。明日の要注目選手だ。

(文=猪瀬健治 写真=佐藤孝弘)

卓レポツイッターでは大会の速報をお届けしています。

詳しい試合の結果は大会公式サイトでご確認ください。
全日本卓球:http://www.japantabletennis.com/zennihon2019/

\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事