1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  4. 平成30年度
  5. 全日本卓球2019 吉田海偉ら、3回戦を突破

全日本卓球2019 吉田海偉ら、3回戦を突破

丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)で開催されるている平成30年度全日本選手権大会。3日目、男子シングルスは1〜3回戦が行われ、1回戦から出場の吉田海偉(東京アート)や2回戦から出場した吉村和弘(愛知工業大)らが4回戦進出を決めた。

吉田海偉(東京アート)は元全日本王者の意地で4回戦へ

ファイナリストの吉村和弘(愛知工業大)も3回戦突破

酒井明日翔(明治大)は先輩の岡田に敗れ初戦敗退


 簡単に勝てる相手ではない。そう考えた対戦相手は十分に準備して試合に臨んだはずだが、吉田海偉の出来は彼らの想像をも上回っていたのかもしれない。フォアハンドの豪打だけではなく、ショートやバックプッシュ、下がってからのしのぎなど、多彩な点の取り方を知っているのはベテランならではだ。チャンピオンの頃の勢いとは違ったやりにくさを対戦した若手たちは感じたことだろう。3回戦ではスピーディーな両ハンドのサウスポー郡山北斗(専修大)の攻撃をしのいで勝ちきった。かつて頂点を極めた男が再びどこまで登れるのか、明日、立ちはだかるのは最初の難関は田添健汰(木下グループ)だ。
 一昨年、大躍進を遂げファイナリストに駆け上がった吉村和弘は2回戦からの登場。鋭い両ハンドで川島勇樹(JR北海道)を破ると、3回戦では先輩の上江洲光志(東京アート)をストレートで退け4回戦進出を決めた。

 一方、上位進出を期待されながらも敗れた選手もいる。酒井明日翔(明治大)は男子ダブルスでの初戦敗退の影響もあったか、先輩の岡田崚(岡谷市役所)に初戦となった2回戦敗退。相手のサービスからの展開を攻略できずに、持ち前の爆発力のあるプレーを見せることなく早くも姿を消した。


ジュニア男子でも好調の宇田幸矢(JOCエリートアカデミー/大原学園)も勝ち進んだ

三部航平(専修大)は宮川昌大(野田学園)を退け4回戦へ

松山祐季(愛知工業大)はガッツあふれるプレーでスーパーシードに挑戦

バックハンドのスピードは今大会でも随一。有延大夢(リコー)は松平賢二と同士打ち


(文・写真=佐藤孝弘)

卓レポツイッターでは大会の速報をお届けしています。

詳しい試合の結果は大会公式サイトでご確認ください。
全日本卓球:http://www.japantabletennis.com/zennihon2019/

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事