1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  4. 平成30年度
  5. 全日本 今日のベストテクニック動画戸上隼輔の流れを引き寄せるボディーワーク

全日本 今日のベストテクニック動画
戸上隼輔の流れを引き寄せるボディーワーク

大逆転劇の下地になった瞬時のボディーワーク


 注目選手の際立ったプレーをワンポイント動画で取り上げる全日本特別企画、「今日のベストテクニック動画」。今日の、といいつつ日をまたいで深夜の更新になってしまったが、今回はジュニア男子決勝から戸上隼輔(野田学園高)のプレーをセレクトしよう。

 戸上はツッツキでレシーブした後、バックハンドドライブしたが宇田にフォアハンドでカウンタードライブされ、バックハンドでいったんブロック。空いたフォア側をカバーしようとフォア側に動いたが、宇田の強烈なバックハンドドライブが予想に反してミドル(センターライン付近)に来た。
 すると、フォア側へ動こうとしていた戸上は急ブレーキをかけ、体勢を崩しながらも上体を大きくひねってフォアハンドで返球。打球後はすぐさま体勢を立て直し、宇田の攻撃をバックハンドで1本しのぎ、ミスを誘っている。

 戸上の持ち味は荒々しいまでの攻撃力だが、動画のラリーが示すようにジュニア男子決勝では宇田にその上を行かれ、序盤はなす術がなかった。そうした劣勢をなんとかするためには、「ボールを相手コートに返す」ことが手始めになる。
 このラリーも試合の序盤だが、瞬時のボディーワークでなんとか攻撃をしのぎ、宇田に「簡単には決まらないな」とプレッシャーをかけられたことがボクシングのボディーブローのようにじわり利き、この後の戸上の大逆転劇につながっているといえよう。
 
 相手の攻撃に押されて自分から攻められず、打つ手がないときはレベルを問わずよくあることだ。そうした場面では、ボールをとにかく相手コートに返すという戸上のシンプルなプレーを大きな指針にしてほしい。

(文=猪瀬健治 写真=佐藤孝弘、動画=小松賢)

卓レポツイッターでは大会の速報をお届けしています。

詳しい試合の結果は大会公式サイトでご確認ください。
全日本卓球:http://www.japantabletennis.com/zennihon2019/

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事