1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  4. 平成30年度
  5. 全日本卓球2019 男子シングルス、スーパーシードが登場

全日本卓球2019 男子シングルス、スーパーシードが登場

丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)で開催されるている平成30年度全日本選手権大会。4日目、男子シングルスは4回戦が行われ、スーパーシードが登場。張本、水谷ら、優勝候補の面々が順当に勝ち名乗りを挙げた。

水谷隼(木下グループ)は余裕のあるプレーぶりで初戦を突破


 男子シングルスは4回戦がスタート。
 注目のディフェンディングチャンピオン張本智和(JOCエリートアカデミー)は、決定力のアップした両ハンドで、思い切って攻めてきた時吉佑一(ZEOS)をストレートで退け、好調ぶりを見せつけた。
 かたや、王座奪還を狙う第2シードの水谷も、インターハイ3位の加山裕(愛知工業大名電高)を余裕のあるプレー内容で寄せ付けず貫禄勝ち。こちらも好スタートを切った。
 ジュニア男子決勝で優勝を逃し苦杯をなめた宇田幸矢(JOCエリートアカデミー/大原学園)が笠原弘光(協和発酵キリン)を、アグレッシブな速攻で破り、スーパーシードの一角を崩したほかは、スーパーシードが順当に勝ち上がった。
 1回戦から出場の吉田海偉(東京アート)は田添健汰(木下グループ)のフォアハンドの連続攻撃をしのぎきれずに敗退。2回戦からスタートした吉村和弘(愛知工業大)も、松下海輝(日鉄住金物流)にラリー戦での粘り強さに屈し、上位進出はならなかった。


田添健汰(木下グループ)はパワフルなフォアハンド連打で吉田海偉(東京アート)を撃破

吉村真晴(名古屋ダイハツ)は田中佑汰(愛知工業大名電高)を退け2度目の優勝を狙う

大矢英俊(東京アート)は青森山田の後輩、三部航平(専修大)に打ち勝った

宇田幸矢(JOCエリートアカデミー/大原学園)はパワフルな速攻で笠原弘光(協和発酵キリン)を破った

松下海輝(日鉄住金物流)はラリーで吉村和弘(愛知工業大)に打ち勝った

ジュニア王者の戸上隼輔(野田学園高)は御内健太郎(シチズン時計)のカットを打ち抜いた

丹羽孝希(スヴェンソン)は曽根翔(愛知工業大名電中)の挑戦を退けた

及川瑞基(専修大)は青森山田の先輩、坪井勇磨(筑波大)に競り勝った


(文・写真=佐藤孝弘)

卓レポツイッターでは大会の速報をお届けしています。

詳しい試合の結果は大会公式サイトでご確認ください。
全日本卓球:http://www.japantabletennis.com/zennihon2019/

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事