1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. その他の国内大会
  5. 世界卓球ブダペスト2019代表選考会 〜男子は森薗が内定

世界卓球ブダペスト2019代表選考会 〜男子は森薗が内定

LIONカップ第23回ジャパントップ12が宮城県カメイアリーナ仙台(仙台市体育館)で開催。
初日の今日(3月2日)は、4月に行われる世界卓球ブダペスト2019の代表選考会が行われ、男子は森薗政崇(岡山リベッツ)が優勝し、男子シングルス代表の切符をつかみ取った。

森薗(右)が吉田との岡山リベッツ対決を制す!

森薗はバックハンドが攻撃的に進化

吉田も気迫で食い下がったが、森薗に対して要所を奪えず


●男子シングルス決勝の結果
森薗政崇(岡山リベッツ) -7,10,9,9,7 吉田雅己(岡山リベッツ)

 男子代表選考会の決勝は、森薗対吉田雅己(岡山リベッツ)という、Tリーグ・岡山リベッツの同士討ちになった。
 互いに手の内を知り尽くしている両者の試合は、1ゲーム目を吉田が先行する。一方、準々決勝(本日の1回戦)で平野友樹(協和発酵キリン)、準決勝で戸上隼輔(野田学園高)をともにゲームオールで下してきた森薗は、激戦の疲れからか少し動きが重そうに見える。
 しかし、世界代表が賭かる試合で簡単に引き下がれない森薗は、第2ゲームから気合いを入れ直し、動きがよみがえる。回り込みのカウンターやバックハンドでの攻撃的なブロックが冴え、4ゲーム連取で吉田を振り切り、見事に世界代表の座を射止めた。

 一方、吉田は考え抜かれたサービスの配球とミスの少ない安定した両ハンドを武器に、準々決勝で代表候補の一人と目されていた大島祐哉(木下グループ)、準決勝で松平賢二(協和発酵キリン)を下し、決勝進出。森薗にはゲームカウント1対4で敗れたが、いずれのゲームも接戦だっただけに悔やまれる敗戦になってしまった。

戸上は森薗にゲームオールまで迫ったが、森薗のしぶとい粘りに屈す

バックハンドに進境を見せた松平。準決勝の吉田戦では競り合いでミスが出てしまった


●男子シングルス準決勝の結果
森薗政崇(岡山リベッツ) 4,-5,8,-9,-9,8,7 戸上隼輔(野田学園高)
吉田雅己(岡山リベッツ) 6,-8,11,7,8 松平賢二(協和発酵キリン)

 3位の戸上隼輔(野田学園高)は準々決勝で宇田幸矢(JOCエリートアカデミー)との高校生対決を制するも、準決勝では森薗に要所でチキータからの両ハンドをしのがれ、ゲームオールで惜しくも敗れた。
 もう一方の3位、松平は好調のバックハンドを武器に準々決勝で有延大夢(リコー)を破ったが、準決勝の吉田戦では勝負どころでミスが出てしまった。

平野は森薗にゲームオール9本まで迫ったが惜しくも届かず

全日本2位の大島は、吉田の巧みなコース取りに敗れた

宇田は全日本ジュニア男子決勝で敗れた戸上と再戦するも要所でミスが目立ち、リベンジならず

有延は松平と各ゲームとも激しく打ち合ったが、ゲームカウント1対4で敗れた


●男子シングルス準々決勝の結果
森薗政崇(岡山リベッツ) -7,5,-8,5,7,-5,9 平野友樹(協和発酵キリン)
吉田雅己(岡山リベッツ) -5,-6,8,9,9,-9,5 大島祐哉(木下グループ)
戸上隼輔(野田学園高) 6,-10,6,9,5 宇田幸矢(JOCエリートアカデミー/大原学園)
松平賢二(協和発酵キリン) 10,12,-1,9,9 有延大夢(リコー)

(文=猪瀬健治 写真=佐藤孝弘)

卓レポツイッターでは大会の速報をお届けしています。

詳しい試合の結果は大会公式サイトでご確認ください。
日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp/tournament/tabid/122/rptid/516/Default.aspx

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事