1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. その他の国内大会
  5. ジャパントップ12 男子シングルスは張本が水谷を下し、初優勝!

ジャパントップ12 男子シングルスは張本が水谷を下し、初優勝!

LIONカップ第23回ジャパントップ12が宮城県カメイアリーナ仙台(仙台市体育館)で開催。
2日目は、すでに世界卓球ブダペスト2019シングルスの内定を得ていた選手たちに、昨日の最終代表選考会優勝者を加え、優勝が争われた。
男子シングルスは張本智和(JOCエリートアカデミー)が初優勝を果たした。

圧巻のフォアハンドドライブで水谷に完勝した張本

地元・仙台の応援団が張本のプレーを強力に後押し!

水谷は張本の厳しい攻めに防戦一方になってしまった


●男子シングルス決勝
張本智和(JOCエリートアカデミー) 8,3,7,9 水谷隼(木下グループ)

 男子シングルス決勝は、張本智和(JOCエリートアカデミー)対水谷隼(木下グループ)という卓球ファン垂涎のードが実現した。
 先の全日本選手権大会で連覇を阻まれた張本は、地元・仙台でその悔しさを晴らすべく、スタートから猛然と水谷に襲いかかる。得意のチキータとサービスからの3球目攻撃で水谷にプレッシャーをかけ、1ゲーム目の競り合いを物にすると、あとは張本の独壇場になった。
 張本のバックハンドの素晴らしさについてはあらためて述べる必要はないが、圧巻だったのがフォアハンドドライブだ。今大会に向けてラバーを新しくしたという張本は、そのせいなのかフォアハンドドライブの威力が全日本のときと比べて格段に増していた。海外のトップ選手たちと比較しても遜色ない威力のフォアハンドドライブを連発して水谷をストレートでねじ伏せ、張本が故郷で見事に錦を飾った。
 あまりの圧勝劇に「もっと二人の試合を見たかった」という声が会場のそこかしこから聞かれたが、ここは張本の強さを称えるほかないだろう。

●優勝直後の張本智和の場内インタビュー
「去年(ジャパントップ12の決勝で水谷に)負けて悔しかったですし、全日本でも3位で悔しかったので、その2つの試合(の借り)を倍で返せたかなと思います。
 うれしい気持ちもありますけど、これぐらいのスピードでいかないと世界ランク1位は難しいので、どんどんこのスピードで突き抜けていきたいです。
(決勝で)何回も追いつかれそうになったとき、(スタンドの応援団が)ずっと応援してくれて自分の励みになったので、仙台だからこうやって優勝できたのかなと思います。
 水谷さんはいつまでも僕の憧れの存在ですし、これから一緒に戦って行く仲間でもあり、永遠のライバルだと思っています。
 全日本負けてこの大会に賭けてきたので、たくさんの方に応援してもらい、こうやって優勝できて本当に嬉しいです。応援ありがとうございました」

 全日本に続く優勝を目指した水谷は、準決勝で丹羽孝希(スヴェンソン)を見応えのあるラリー戦の末に下して決勝に進んだが、張本の圧倒的な攻めに屈した。
 卓球が対人競技である以上、相手との相性がついて回るため、今回の完敗で水谷の力を疑うのは早計だ。とはいえ、水谷にとって張本は天敵であることは間違いない。
 全日本卒業宣言に加え、Tリーグでも同じチームの張本と水谷が対戦する可能性は高くないが、今後、水谷がどのように張本を対策するのか。その動向に注目していきたいし、張本対策を成すことは、水谷がさらなる高みに登る鍵だろう。

カウンターの精度では他の追随を許さない丹羽が3位

思わず見とれるバックハンドを放つ吉村。当たったら誰にでも勝つ可能性がある

シングルス最後の切符を手にした森薗は吉村のチキータに屈す

●男子シングルス3位決定戦(5ゲームマッチ)
丹羽孝希(スヴェンソン) 9,-8,7,-8,4 吉村和弘(愛工大)

●男子シングルス準決勝
張本智和(JOCエリートアカデミー) 6,5,-11,8,8 吉村和弘(愛工大)
水谷隼(木下グループ) 9,-8,-3,5,5,7 丹羽孝希(スヴェンソン)


●男子シングルス準々決勝
吉村和弘(愛工大) 6,-8,7,7,9 森薗政崇(岡山リベッツ)

 3位には、丹羽が入った。ミスが極めて少ないカウンタープレーは顕在で、準決勝の水谷には打撃戦の末に敗れたが、3位決定戦で吉村和弘(愛工大)をゲームオールで振り切り、力を示した。

 4位に入った吉村は、準々決勝(本日の1回戦)で森薗政崇(岡山リベッツ)を下し、準決勝で張本に挑戦。随所で張本を上回るような切れ味のチキータとバックハンドドライブを見せて会場を盛り上げた。

 所狭しと足を動かし、気持ちの込もったプレーで昨日の世界卓球ブダペスト2019最終代表選考会を勝った森薗は、準々決勝でTリーグ岡山リベッツのチームメイト・吉村と対戦。昨日の激戦の疲れがある中、必死に動いたが、要所で吉村の厳しいチキータに自慢の足を止められ、上位進出はならなかった。

(文=猪瀬健治 写真=佐藤孝弘)

卓レポツイッターでは大会の速報をお届けしています。

詳しい試合の結果は大会公式サイトでご確認ください。
日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp/tournament/tabid/122/rptid/516/Default.aspx

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事

Page Top