1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. その他の国内大会
  5. 男子シングルス優勝 張本智和のコメント

男子シングルス優勝 張本智和のコメント

LIONカップ ジャパントップ12が宮城県カメイアリーナ仙台(仙台市体育館)で開催。男子シングルスは張本智和(JOCエリートアカデミー)が王者水谷隼(木下グループ)をストレートで破り初優勝を果たした。優勝後の記者会見での張本のコメントを掲載する。(試合の模様はこちら)


 去年のトップ12で決勝で水谷さんに負けて、今年の全日本でも3位で負けて、その2つの悔しさをこの試合にぶつけようと思っていたので、優勝できてよかったです。
 全日本では決勝で水谷さんと対戦できなかったので、勝っても負けても決勝戦を楽しもうと思って試合に臨みました。

 決勝の4ゲーム目で何度も追いつかれそうになったときに、「ここ1本!」と観客席から声をかけてもらったので、そこで何とか踏ん張ることができたのかなと思います。

 全日本では準決勝でいろいろなことを言われて、耐えるしかなかったですし、苦しかったです。この大会で優勝しても全日本での悔しさは晴らせないですけど、少しでも借りを返せたのかなと思います。

 今日優勝できてうれしいですけど、一番大事なのは世界卓球なので、いつも優勝すると少し浮かれてしまうので、明日からスイッチして何も考えずにひたすら努力を続けていきたいと思います。

(水谷選手はどのような存在か?という質問に対して)やはり、いつまでも憧れの存在だと思いますし、東京オリンピックに向けてともに戦う仲間でもあり、水谷さんに勝たないとシングルスに出られるか分からないので、ライバルでもあり仲間でもあり、いい存在です。

(フォアハンドの出来は?という質問に対して)今日の出来は90%くらいでしたが、世界選手権でも1回戦から決勝まで今日のようなドライブが打てれば自分の理想に近づくのかと思います。

(世界卓球までに強化したいところは?という質問に対して)攻撃と守備のどちらも底上げしなくてはならないと思いますし、サービス・レシーブ、台上の細かい技術もミスを減らして、最終的にはメンタルも鍛えて、落ち着いて自分のプレーを出来るようにしていきたいと思っています。

(世界卓球で1位になる自信は?という質問に対して)まだ50%くらいですね。今日、勝ったからといって世界選手権で結果が出るという保証はないので、あと1、2カ月しかありませんが、毎日、1日1日を大切にして、死にものぐるいで練習してメダルを獲得したいと思います。

(宮城、仙台の人たちに向けてどんなプレーを見せたいか?という質問に対して)前回の世界卓球の選考会で、仙台で優勝して、そのときもたくさんの方に応援してもらって、今日も仙台だからこのように素晴らしいプレーができたと応援してくれた方に感謝したいですし、一番の夢は東京オリンピックで金メダルを獲って仙台に持って帰ってきたいと思っています。

(取材=佐藤孝弘)


なお、詳しい試合の結果は大会公式サイトでご確認ください。
日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp/tournament/tabid/122/rptid/516/Default.aspx

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事

Page Top