1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. その他の国内大会
  5. 第46回全国高校選抜卓球大会 〜男子学校対抗は愛工大名電が5連覇!〜

第46回全国高校選抜卓球大会 〜男子学校対抗は愛工大名電が5連覇!〜

第46回全国高等学校選抜大会が3月25〜28日、福岡県北九州市立総合体育館で開催された。
選抜大会は新学期を間近に控えた1・2年生による学校対抗の団体戦と、過去に選抜大会やインターハイ、全日本選手権大会などへの出場経験がない選手による男女シングルスが行われる大会だ。
男子学校対抗は愛工大名電が優勝し、5連覇を飾った。

●男子学校対抗優勝 愛工大名電(愛知)

愛工大名電が見事に5連覇達成!

曽根がアグレッシブなプレーで戸上を撃破!

加山が気迫の決勝点!

スタンドの熱い声援も愛工大名電の大きな力になっていた

【男子学校対抗 決勝】
愛工大名電 3-1 野田学園
◯曽根 -8,4,9,-8,9 戸上
◯横谷 7,7,7 松田
 加山/曽根 -9,5,-5,-8 戸上/宮川◯
◯加山 4,10,7 内田
 堀川 - 宮川

 決勝は、愛工大名電(愛知)対野田学園(山口)という昨年と同一カードになった。
 試合はトップの曽根対戸上のエース対決からいきなりクライマックスへ。曽根は、インターハイ王者の戸上に真っ向勝負を敢行。チキータからの強烈なバックハンドドライブや、戸上必殺の回り込みバックストレートをカウンターで抜き返すなど、曽根は戸上の株を奪うようなアグレッシブなプレーを展開し、ゲームオール9本で勝利。試合の流れを決定付ける先制点をたたき出した。
 曽根の殊勲で勢いに乗った愛工大名電は2番で横谷が松田にストレートで快勝し、早くも王手。
 簡単には負けられない野田学園は戸上/宮川のダブルスで一矢報いるも、4番で愛工大名電の加山が気迫のプレーで内田を圧倒し、5連覇を決めた。
 今大会の愛工大名電は圧勝というわけではなく、苦戦が続いたが、「失点をみんながカバーし合ってくれた」と今枝監督が振り返ったように、チームカバーリングのよさで他をわずかに上回り、栄冠を勝ち取った。

●愛工大名電・今枝一郎監督のコメント
「(決勝は)曽根につきます。インターハイチャンピオン、世界代表にもなろうかという戸上を、素晴らしいプレーで勝ちましたから。すごいですね、文句ないですね。
 決勝のオーダーは予定通りです。ガチンコ勝負だと思っていましたので、4番と5番が逆になってもおかしくないと思っていましたし、そのままでもありだと思っていました。
 決勝の堀川がそうですが、全国大会の経験が乏しいチームなので、ぎりぎりの戦いの準備はしてきました。『一人一役』を選手がまっとうしてくれて、僕としては満足です。準決勝負けた選手が勝ち、準決勝で勝ったダブルスが決勝では負けてしまいましたけど、みんなが助け合ってよくやってくれたと思うと、ちょっと泣けてきちゃいますね。
 5連覇はまったく意識してませんでした。今回勝つことしか考えていなかったですから。ただ、選手たちには、その意識は強かったと思います。特に加山は、去年迷惑かけた分、今回は自分がやるんだという意識が強かった思います。
 また、出場機会はありませんでしたが、キャプテンの堀がチームをよくまとめてくれました。本当に感謝したいです」

●男子学校対抗2位 野田学園(山口)

昨年に続いて2位の野田学園

戸上は最終ゲーム終盤のリードを守れず、曽根に苦敗

戸上(左)/宮川が一矢報いたが、あとが続かなかった


 2位の野田学園は絶対エースの戸上を柱にサウスポーの宮川がわきを固めるオーダーで、決勝までわずか1失点で勝ち上がってきた。その勢いで愛工大名電を飲み込むかと思われたが、頼みの戸上が曽根に破れ、涙を呑んだ。
「夏までに勝ち切るチームに仕上げてきます」と橋津監督はインターハイでの雪辱を誓った。

●男子学校対抗3位 希望が丘(福岡)
希望が丘が地元・福岡で表彰台

鋭い両ハンドで、準決勝の愛工大名電戦で横谷を下した杉本

●男子学校対抗3位 出雲北陵(島根)
3位の出雲北陵。準々決勝で鶴岡東を破った

山本駿(左)/山本歩が単複に活躍

 3位には地元福岡県の希望が丘(福岡)と、準々決勝で強豪の鶴岡東(山形)に競り勝った出雲北陵(島根)が入った。

(取材=猪瀬健治)

詳しい記録は全国高体連卓球専門部ホームページに掲載されています。
全国高体連卓球専門部:http://www.koutairen-tt.net/

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事

Page Top