1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. その他の国内大会
  5. 第46回全国高校選抜卓球大会 〜女子学校対抗は四天王寺が5連覇!〜

第46回全国高校選抜卓球大会 〜女子学校対抗は四天王寺が5連覇!〜

第46回全国高等学校選抜大会が3月25〜28日、福岡県北九州市立総合体育館で開催された。
選抜大会は新学期を間近に控えた1・2年生による学校対抗の団体戦と、過去に選抜大会やインターハイ、全日本選手権大会などへの出場経験がない選手による男女シングルスが行われる大会だ。
女子学校対抗は四天王寺が優勝し、5連覇を果たした。

●女子学校対抗優勝 四天王寺(大阪)

団体戦編成ぎりぎりの4人で臨んだ四天王寺が5連覇達成!

決勝では三浦(左)/髙橋が0対2から反撃ののろし!

サウスポーの大川は安定した力を見せた

5連覇を決め、観客席に手を振る選手たち

●女子学校対抗優勝 四天王寺(大阪)

【女子学校対抗 決勝】
 四天王寺 3-2 桜丘
 三浦 10,-5,-6,8,-7 浅井◯
 本井 -9,-8,-9 顧◯
◯三浦/髙橋 11,11,-5,-8,6 原田/浅井
◯大川 8,4,8 原田
◯髙橋 5,9,4 立神

 絶対的な強豪チームがなく、混戦が予想された女子学校対抗は四天王寺(大阪)が優勝した。
 四天王寺は準決勝で明徳義塾(高知)を3対2の大接戦で下すと、決勝で桜丘(愛知)と対戦。
 1番、2番を続けて落とし、王手をかけられたがダブルスの三浦/髙橋がゲームオールで踏みとどまると、息を吹き返した。
 4番、5番は2台進行で行われ、先に5番の髙橋が勝利し、4番の大川対原田が実質上のラストに。
「1番安定感がある」と村田監督の信頼が厚い大川が、サウスポーからのミスの少ない両ハンドドライブで桜丘の主軸・原田を防戦に追い込む。結果、プレッシャーのかかる場面でも最後まで振りが乱れなかった大川が原田をストレートで下し、5連覇を果たした。
 準決勝、決勝とラストまでもつれる接戦は、常勝・四天王寺のチーム事情を表していたが、その一方、苦しくても勝ちをもぎ取れるところに、四天王寺の村田監督と、これまでの選手たちが積み上げてきた経験と意地が表れていた。
 
●四天王寺・村田充史監督のコメント
「苦戦をするのは覚悟の上だったので、選手たちが本当に頑張ってくれました。この子たちは本当にいろいろな方にお世話になったので、この子たちに関わってくださった方々にまず感謝を申し上げたいと思います。
(準決勝、決勝は)後半に調子のよかった二人を置いて、前半2点取られてもいいというオーダーでした。とはいえ、ダブルスも自信はないので、0対3で負けてしまう可能性もありました。それを覚悟の上です。4人がしっかりがんばってくれました。
(大会前は)久しぶりに本命ではない、ということを言い聞かせました。お前たちは挑戦者やと。今までは戦力があったので、構えて向かってくる相手を跳ね返すんだということを言ってきましたけど、今回は向かって行く立場だと。何も怖がることはない、自分たちは挑戦者のつもりで向かって行けということを言って臨みました」


●女子学校対抗2位 桜丘(愛知)

多彩な戦型をそろえたオーダーで決勝に勝ち上がった桜丘

変幻自在のプレーをする浅井。チームを強力に引っ張った

準決勝の遊学館戦ラストで原田が勝利!


 桜丘は、エースの浅井と、浅井とダブルスを組む原田が活躍し、優勝候補の一角と見られていた遊学館(石川)を準決勝で3対2で振り切って決勝進出。決勝も先に王手をかけ、ダブルスも終始競り合っていただけに悔しい敗戦になってしまった。
 敗れはしたが、カットあり攻撃あり前陣ブロックありの変幻自在のプレーをする浅井を軸に、両面表ソフトラバーの原田、カット主戦型の顧らのバリエーションに富んだオーダーは相手チームにとって驚異。夏が楽しみなチームだ。

●女子学校対抗3位 明徳義塾(高知)
強豪の明徳義塾が表彰台。優勝の芽も十分にあった

元気あふれるプレーでチームを引っ張った船場

●女子学校対抗3位 遊学館(石川)
優勝候補の遊学館は惜しくも3位

桜丘戦では出雲(左)/相馬が勝って望みをつないだが......

 3位には優勝した四天王寺にあと一歩まで迫った明徳義塾(高知)と、相馬、出雲のツインエースを擁する遊学館(石川)が入った。

(取材=猪瀬健治)

詳しい記録は全国高体連卓球専門部ホームページに掲載されています。
全国高体連卓球専門部:http://www.koutairen-tt.net/

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事

Page Top