1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. その他の国内大会
  5. 第46回全国高校選抜卓球大会 〜男子シングルスは烏田、女子シングルスは今井が優勝!〜

第46回全国高校選抜卓球大会 〜男子シングルスは烏田、女子シングルスは今井が優勝!〜

第46回全国高等学校選抜大会が3月25〜28日、福岡県北九州市立総合体育館で開催された。
選抜大会は新学期を間近に控えた1・2年生による学校対抗の団体戦と、過去に選抜大会やインターハイ、全日本選手権大会などへの出場経験がない選手による男女シングルスが行われる大会だ。
男子シングルスは烏田(広島商船)、女子シングルスは今井(愛知商業)がそれぞれ優勝した。

●男子シングルス優勝 烏田幸(広島商船)

男子シングルス優勝の烏田


しゃがみ込みサービスからの強打が光った

2位の木許。両ハンドのバランスがいい選手

3位の平原。サウスポーから切れのある攻撃を見せた

裏面をスムーズに操る南が3位

【男子シングルス 決勝】
◯烏田 12,8,-8,5 木許

 男子シングルスを制したのは、烏田幸(広島商船)。しゃがみ込みサービスからの3球目強打に加え、カウンター気味のブロックもよく決まり、頂点に立った。
 2位の木許怜(大分鶴崎)はバランスのいい両ハンドで勝ち上がったが、決勝では烏田のしゃがみ込みサービスに最後まで苦しんだ。
 3位にはサウスポーからの切れのある攻撃が光った平原颯(北越)と、裏面ドライブをスムーズに操る南克樹(高知工業)が入った。

●女子シングルス優勝 今井汐珠玖(愛知商業)

今井が女子シングルス優勝


バックハンドからのフォア強打が光った

2位の針生はテンポのよい攻撃が光った

安定感のあるカットで3位に勝ち上がった永井

精度の高い両ハンドドライブで3位の髙橋

【女子シングルス 決勝】
◯今井 9,4,6 針生

 女子シングルスを勝った今井汐珠玖(愛知商業)はバック面に表ソフトラバーを貼るシェーク異質型。準々決勝の石倉(大野)とのゲームオールの接戦を切り抜けて勢いに乗った。的確なバックハンド連打からのフォアハンド強打が光っていた。
 2位の針生凜(利府)はリズミカルな両ハンドで優勝を目指したが、今井の手数に及ばず。
 3位には、カット主戦型の永井祐衣(星野)と、伸びのあるバックハンドドライブを見せた髙橋のりか(宇短大附属)が入った。

(取材=猪瀬健治)

詳しい記録は全国高体連卓球専門部ホームページに掲載されています。
全国高体連卓球専門部:http://www.koutairen-tt.net/

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事

Page Top