1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 世界卓球
  4. 2019ブダペスト
  5. 世界卓球2019ブダペスト バタフライパーティーにハンガリーのレジェンドが集結!

世界卓球2019ブダペスト バタフライパーティーにハンガリーのレジェンドが集結!

 世界卓球2019ブダペストの開催初日を明日に控え、世界卓球で恒例となっているバタフライパーティーがコリンシアホテルで開催された。会場には1979年の世界選手権平壌大会で、決勝で中国を破って優勝したハンガリー三銃士として知られる3選手(写真上、左からヨニエル、ゲルゲリー、クランパ)が来場し、多くの参加者の注目を集めた。

 パーティー会場には、バタフライのアドバイザリースタッフ、契約チーム、ITTF関係者、各国の協会関係者など、350名を超える多くの来客で賑わった。
 選手たちも、明日からの厳しい戦いを前に、憩いのひとときを笑顔で過ごしたほか、旧知の選手、元選手やコーチ、協会関係者らも久々の思い出話や近況報告に花を咲かせた。

 なかでも特筆すべきは、地元ハンガリーの英雄ハンガリー三銃士として知られる、ヨニエル、ゲルゲリー、クランパの3人が一堂に会したことだろう。選手時代の面影をわずかに残す3人は、往年のファンたちの写真撮影やサインにも快く応じて、現代卓球がなお、歴史の上に連綿と続くものであることを確認させてくれた。

 また、一方で、林高遠(中国)、張本智和(日本)、ボル、オフチャロフ(ともにドイツ)、黄鎮廷(香港)ら今大会の上位を争うであろうトップ選手も姿を見せ、会場を沸かせた。卓球の歴史と今がつまったバタフライパーティーは、今大会の成功への期待を大いに高めてくれた。

●大澤卓子タマス代表取締役社長のコメント
「世界選手権大会はいろいろな方々が一堂に会します。その世界選手権大会で『皆さんが交流できる場をつくりたい』という私たちの思いが、バタフライウェルカムパーティー開催のきっかけです。
 今日は各国の出場選手をはじめ、代理店の方々、協会の方々がおよそ350名ほどお集りいただきました。バタフライ以外の関係者の方々も多くご来場くださり、世界中の卓球関係者が分け隔てなく明日からの英気を養いつつ、情報を交換する場をご提供できてうれしく思っております。
 今回のハイライトは地元ハンガリーの英雄、ヨニエル氏、クランパ氏、ゲルゲリー氏がご来場くださったことです。私事で恐縮ですが、私が卓球をはじめて最初に使ったラケットがバタフライ製の『ゲルゲリー』でしたから、感慨もひとしおでした。伝説のハンガリー三銃士をお招きし、皆様と交流する場のお手伝いができたことを本当にうれしく思っております」


1979年世界選手権平壌大会で優勝を飾ったハンガリーチーム。左端から3人がゲルゲリー、クランパ、ヨニエル

ITTFのヴァイカート会長も来場

林高遠(右)は黄鎮廷らと談笑

ドイツはトップ2のボル(右)とオフチャロフ(左)が来場

ポルトガルチーム、エースのフレイタス(右から2人目)は2回戦で張本と当たる組み合わせ

中華台北男子は伸び盛りの林昀儒に期待がかかる

中華台北女子はエースの鄭怡静がどこまで上位に食い込むかに注目

「パーティーはノリノリで」がアメリカ式?

日本男子には各種目で期待が集まります

前大会ベスト16の加藤美優は飛躍なるか!

ポルカノバ(右)はミスチェクとガールズトーク(?)

卓レポ.comツイッター:https://www.twitter.com/takurepo/
ITTF(国際卓球連盟):https://www.ittf.com/tournament/5000/2019-world-championships/
2019 World Table Tennis Championships - Budapest:http://wttc2019.hu/

(写真・文=卓球レポート)

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事