1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 世界卓球
  4. 2019ブダペスト
  5. 世界卓球2019ブダペスト4日目 吉村/石川が銅メダル以上確定!

世界卓球2019ブダペスト4日目 吉村/石川が銅メダル以上確定!

 世界卓球2019ブダペスト、4日目は男女ダブルス3回戦、混合ダブルスは3回戦から準々決勝(4回戦)までが行われた。
 混合ダブルスでは、準々決勝で吉村真晴/石川佳純が勝利し、銅メダル以上を決めた。一方、森薗政崇/伊藤美誠はドイツペアに破れ、メダル獲得はならなかった。

吉村/石川が3大会連続でメダルゲット!

森薗/伊藤は無念の敗退。フランチスカの負傷で難しい試合になってしまった

●混合ダブルス準々決勝の結果
樊振東/丁寧(中国) 1,8,1,8 何鈞傑/李皓晴(香港)
許昕/劉詩雯(中国) -10,-9,7,9,-9,5,7 李尚洙/田志希(韓国) 
フランチスカ/P.ゾルヤ(ドイツ) 11,8,-3,-11,13,8 森薗政崇/伊藤美誠(日本)
吉村真晴/石川佳純(日本) -6,8,5,-8,7,8 ピスティ/バラゾバ(スロバキア)

 吉村真晴/石川佳純は、3回戦で地元ハンガリーのスーディ/ペルゲルを退けると、準々決勝でピスティ/バラゾバ(スロバキア)と対戦。吉村のサービスが思うように効かず、競り合う展開が続いたが、終盤はラリーで優位に立つ場面が増え、ゲームカウント4対2で勝利。前々回の蘇州大会銀メダル、前回デュッセルドルフ大会金メダルに続き、3大会連続でメダルを確定させた。
 男子のボールに的確に対応する石川もさることながら、吉村のがんばりが見逃せない。張本智和の負傷で急遽エントリーされ、心技体ともに準備が難しかった中、結果を出したのは見事というほかない。

 一方、全日本王者として臨んだ森薗政崇/伊藤美誠は、フランチスカ/P.ゾルヤ(ドイツ)の巧みな台上からの攻守に敗れた。
 森薗/伊藤は押される展開が続いたが、ゲームカウント2対3、カウント6-6の場面でフランチスカが足を負傷し、流れが変わるかに思われた。しかし、治療を終えてからのフランチスカは無理に動かずに真ん中に構え、来たボールを狙い撃つプレーに変更。このフランチスカの捨て身ともいえる強打がことごとく決まり、森薗/伊藤のメダルがついえた。

張本/木造は4回戦進出ならず

梁靖崑(右)/林高遠は速さで日本ペアを上回った
 
早田(左)/伊藤は高い攻撃力で相手ペアにプレーをさせず
 
橋本(右)/佐藤は高い守備力でベスト8入り
 

 男子ダブルス3回戦では、全日本王者の張本智和/木造勇人が梁靖崑/林高遠(中国)と対戦。チキータしてからの展開と、チキータされてからの展開で中国ペアに及ばず、4回戦進出はならなかった。

 女子ダブルス3回戦は、早田ひな/伊藤美誠が陳思羽/鄭怡静(中華台北)を寄せ付けず、ベスト8進出。
 橋本帆乃香/佐藤瞳のカットペアも田志希/李シオン(韓国)にストレートで快勝し、明日のメダル決定戦へと駒を進めた。

卓レポ.comツイッター:https://www.twitter.com/takurepo/
ITTF(国際卓球連盟):https://www.ittf.com/tournament/5000/2019-world-championships/
2019 World Table Tennis Championships - Budapest:http://wttc2019.hu/

(写真=佐藤孝弘、文=猪瀬健治)

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事