1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 世界卓球
  4. 2019ブダペスト
  5. 世界卓球2019ブダペスト5日目 平野、加藤はメダル獲得ならず

世界卓球2019ブダペスト5日目 平野、加藤はメダル獲得ならず

 世界卓球2019ブダペストが、ハンガリーのハングエキスポで開催。
 5日目は、女子シングルス準々決勝が行われた。日本からは、平野美宇、加藤美優がメダルに挑戦したが、いずれも中国選手に敗れた。

平野は丁寧にラリー戦に引き込まれ、ベスト4ならず

受けてよし、攻めてよしで圧巻の強さを見せた丁寧

加藤は劉詩雯にフォア側を厳しく突かれてミスが出た

●女子シングルス準々決勝の結果
丁寧(中国) 8,-4,2,7,9 平野美宇
劉詩雯(中国) 9,-8,4,6,5 加藤美優
陳夢(中国) -9,7,7,-8,10,4 杜凱琹(香港)
王曼昱(中国) 9,-10,19,6,-9,8 孫穎莎(中国)

 平野美宇は、ナンバーワンシードの丁寧(中国)と対戦。自慢の高速両ハンドで挑んだが、丁寧にフォア前のサービスから崩され、ミドルから打たされてカウンターを取られる展開からなかなか抜け出せずにゲームが進む。平野としてはラリーが長くなると不利なため、短期決戦に持ち込みたがったが、丁寧の広いカバーリング能力にそうさせてもらえず、ゲームカウント1対4で敗戦。2大会連続のメダルはならなかった。

 加藤美優は劉詩雯(中国)に敗れた。バック対バックでは劉詩雯を上回る場面も見られたが、フォア側に厳しく送られたボールにミスが出て、メダル獲得には至らなかった。敗れはしたが、国内の厳しい予選を勝ち抜き、前回デュッセルドルフ大会よりもワンランクアップしたベスト8入りは誇れる成績だ。

気迫のプレーで次世代エース対決を制した王曼昱

孫穎莎は厳しい攻めで迫ったが、わずかにミスが出た
 
杜凱琹との打撃戦を制した陳夢
 

 女子シングルス準々決勝最注目カードの王曼昱と孫穎莎の中国次世代エース候補対決は、予想にたがわずハイレベルな試合になった。
 伊藤美誠を圧倒した体を目一杯使ったダイナミックスイングで攻め込む孫穎莎。一方、長いリーチを生かし、ミドルレンジから孫穎莎の猛攻を受けて逆襲に転じる王曼昱。一進一退の迫力ある攻防が続いたが、最後はより厳しさを求めた孫穎莎にミスが出て、王曼昱が勝ち切った。

 陳夢(中国)と杜凱琹(香港)の試合も、前陣から中陣での激しい打ち合いになり、中盤まで競り合う展開が続く。しかし、第5ゲームを陳夢がジュースでもぎとると、そのまま杜凱琹を引き離し、準決勝へ駒を進めた。

卓レポ.comツイッター:https://www.twitter.com/takurepo/
ITTF(国際卓球連盟):https://www.ittf.com/tournament/5000/2019-world-championships/
2019 World Table Tennis Championships - Budapest:http://wttc2019.hu/

(写真=佐藤孝弘、文=猪瀬健治)

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事