1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 世界卓球
  4. 2019ブダペスト
  5. 世界卓球2019ブダペスト5日目 早田/伊藤、橋本/佐藤がメダル確定!

世界卓球2019ブダペスト5日目 早田/伊藤、橋本/佐藤がメダル確定!

 世界卓球2019ブダペストが、ハンガリーのハングエキスポで開催。
 5日目は、男女ダブルスの準々決勝が行われ、女子ダブルスでは早田ひな/伊藤美誠、橋本帆乃香/佐藤瞳がメダルを決めた。

メダルを確定した早田(左)/伊藤。二人には頂点しか見えていないだろう

橋本(左)/佐藤は充実のプレーでカットマンとしての矜持を示した

●女子ダブルス準々決勝の結果
早田ひな/伊藤美誠 6,8,9,-9,9 チャ・ヒョシム/キム・ナムヘ(北朝鮮)
橋本帆乃香/佐藤瞳 9,2,8,2 鄭先知/劉馨尹(中華台北)
陳夢/朱雨玲(中国) 4,4,9,6 杜凱琹/李皓晴(香港)
孫穎莎/王曼昱(中国) 8,8,-9,10,-2,6 キム・ジンヒャン/キム・ソンイ(北朝鮮)

 日本は、早田ひな/伊藤美誠、橋本帆乃香/佐藤瞳の2ペアが女子ダブルス準々決勝に勝ち、銅メダル以上を確定させた。
 早田ひな/伊藤美誠は北朝鮮ペアと対戦。伊藤が変幻自在の前陣プレーでかき回し、早田が決める定番パターンが決まり、ゲームカウント4対1で勝利。2大会連続のメダルを決めた。
 勝った瞬間、二人は笑顔で軽くハイタッチ。つつましいメダル獲得の表現は、早田/伊藤の目標が頂点しかないことを物語っていた。

 一方の橋本帆乃香/佐藤瞳のカットペアは、中華台北ペアと対戦。「カットマンが勝てないといわれている中で結果を出せてよかった」と二人が口をそろえたように、安定したカットと機を見て攻撃に転じる王道のカットスタイルで中華台北ペアを圧倒。メダルを決めた瞬間、橋本と佐藤は歓喜の抱擁を交わした。
 
 そのほか、陳夢/朱雨玲、孫穎莎/王曼昱の中国勢が準決勝へ勝ち上がった。

国際ペアがそれぞれの国にとって歴史的なメダルを獲得し、歓喜爆発!

ロブレス(左)がコースを取り、イオネスクが果敢にアタックする連係で強豪のスウェーデンペアを圧倒
 

●男子ダブルス準々決勝の結果
アポロニア/モンテイロ(ポルトガル) 不戦勝 ボル/フランチスカ(ドイツ)
イオネスク/ロブレス(ルーマニア/スペイン) 5,7,11,9 ファルク/K.カールソン(スウェーデン)
馬龍/王楚欽(中国) -7,6,5,-8,6,9 鄭榮植/李尚洙(韓国)
梁靖崑/林高遠(中国) 9,12,7,3 何鈞傑/黄鎮廷(香港)

 男子ダブルス準々決勝のトピックスは、イオネスク/ロブレス(ルーマニア/スペイン)の勝利だろう。イオネスクのルーマニアは1967年の混合ダブルス以来、53年ぶり、ロブレスのスペインに至っては世界卓球で史上初のメダル獲得となった。
 また、ボルの発熱によるドイツペアの棄権により、ポルトガルのアポロニア/モンテイロが自動的に準決勝へ進んだが、ポルトガルも世界卓球では初のメダル獲得。ポルトガルペアからすれば戦ってメダルを勝ち取りたかったところだろうが、球史に名を刻んだことに違いはない。

 そのほか、馬龍/王楚欽、梁靖崑/林高遠の中国ペアが順当にベスト4へ勝ち進んだ。

卓レポ.comツイッター:https://www.twitter.com/takurepo/

ITTF(国際卓球連盟):https://www.ittf.com/tournament/5000/2019-world-championships/
2019 World Table Tennis Championships - Budapest:http://wttc2019.hu/

(写真=佐藤孝弘、文=猪瀬健治)

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事