1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国際大会
  4. ジュニアサーキット
  5. 卓球 ジュニアサーキット・中国オープン(ゴールデン大会)

卓球 ジュニアサーキット・中国オープン(ゴールデン大会)

ジュニアサーキット・中国オープン(ゴールデン大会)が6月12〜16日に太倉で開催された。ジュニア男子シングルスでは篠塚大登(愛工大名電高校)が準優勝、横谷晟(愛工大名電高校)が3位に、カデット男子シングルスでは吉山僚一(愛工大名電中学校)が3位に入った。カデット女子シングルスでは張本美和(木下グループ)が準優勝、横井咲桜(ミキハウスJSC)と赤江夏星(貝塚市立第二中学校)が3位に入った。また、ミニカデット女子シングルスで張本美和が3位に入った。
団体戦では、ジュニア男子団体で鈴木颯(愛工大名電中学校)、柏竹琉(JOCエリートアカデミー/帝京)、吉山僚一のチームが3位、ジュニア女子団体で赤江夏星、横井咲桜のチームが2位、カデット女子団体で張本美和、面手凛(T.Cマルカワ)のチームが2位となった。

写真はジュニア男子シングルス準優勝の篠塚大登
写真提供=ITTF(国際卓球連盟)

■ジュニア男子シングルス
1位 全開源(中国)
2位 篠塚大登(日本)
3位 横谷晟(日本)
ベスト8 阿部悠人(日本)
ベスト8 谷垣佑真(日本)
決勝T1回戦敗退 杉本和也(日本)
決勝T1回戦敗退 鈴木颯(日本)
決勝T1回戦敗退 前出陸杜(日本)
決勝T1回戦敗退 柏竹琉(日本)
決勝T1回戦敗退 吉山僚一(日本)
予選リーグ敗退 原田春輝(日本)

■ジュニア女子シングルス
1位 袁媛(中国)
2位 呉洋晨(中国)
ベスト8 横井咲桜(日本)
ベスト8 張本美和(日本)
ベスト8 面手凛(日本)
ベスト8 赤江夏星(日本)
予選リーグ敗退 竹谷美涼(日本)
予選リーグ敗退 青木咲智(日本)

■カデット男子シングルス
1位 陳亜軒(中国)
2位 GIL Minseok(韓国)
3位 吉山僚一(日本)
ベスト8 前出陸杜(日本)
ベスト16 鈴木颯(日本)
決勝T2回戦敗退 吉山和希(日本)
予選リーグ敗退 渡部民人(日本)
予選リーグ敗退 日髙宏紀(日本)
予選リーグ敗退 渡辺凉吾(日本)
予選リーグ敗退 木村友哉(日本)

■カデット女子シングルス
1位 陳熠(中国)
2位 張本美和(日本)
3位 横井咲桜(日本)
3位 赤江夏星(日本)
決勝T2回戦敗退 面手凛(日本)
予選リーグ敗退 竹谷美涼(日本)
予選リーグ敗退 青木咲智(日本)

■ミニカデット男子シングルス
1位 OH Junsung(韓国)
2位 LEE Hoyun(韓国)
ベスト8 渡辺凉吾(日本)
ベスト8 木村友哉(日本)
決勝T2回戦敗退 吉山和希(日本)
決勝T2回戦敗退 渡部民人(日本)
予選リーグ敗退 日髙宏紀(日本)

■ミニカデット女子シングルス
1位 張静蕾(中国)
2位 SER Lin Qian(シンガポール)
3位 張本美和(日本)
ベスト8 青木咲智(日本)
ベスト8 竹谷美涼(日本)
決勝T1回戦敗退 面手凛(日本)

■ジュニア男子団体
1位 中国
2位 フランス
3位 日本3(鈴木颯、柏竹琉、吉山僚一)
決勝T1回戦敗退 日本1(篠塚大登、谷垣佑真)
予選リーグ敗退 日本2(横谷晟、前出陸杜)

■ジュニア女子団体
1位 中国
2位 日本(赤江夏星、横井咲桜)

■カデット男子団体
1位 中国
2位 香港
予選リーグ敗退 日本1(吉山和希、木村友哉)
予選リーグ敗退 日本2(日髙宏紀、渡辺凉吾)

■カデット女子団体
1位 中国1
2位 日本1(張本美和、面手凛)
予選リーグ敗退 日本2(竹谷美涼、青木咲智)


バタフライはジュニアサーキットを応援しています

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事