1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. その他の国内大会
  5. 全日本卓球選手権大会(ホープス・カブ・バンビの部)〜松島輝空が6連覇を達成〜

全日本卓球選手権大会(ホープス・カブ・バンビの部)〜松島輝空が6連覇を達成〜

令和元年7月26~28日までグリーンアリーナ神戸(神戸総合運動公園内体育館/兵庫)で、全農杯全日本卓球選手権大会(ホープス・カブ・バンビの部)が開催された。3つのカテゴリーでそれぞれチャンピオンが決まるこの大会は、将来有望な選手たちがしのぎを削るハイレベルな大会となっている。
ホープス男子では松島輝空(木下グループ)が、男子では張本智和が初めて達成した6連覇の大記録を成し遂げた。

後列左から松島輝空、岩井田駿斗、大野颯真
前列左から張本美和、佐藤希未、石田心美

【ホープス男子】松島輝空がV6

松島は前陣両ハンドの攻撃力が増した

一矢報いたい吉山和希だったが、ライバル松島に及ばず

 松島輝空は6連覇の重圧に屈することなく、史上2人目となる6連覇の偉業を達成した。
 これまでことごとく松島に行く手を阻まれてきた吉山にとっては小学生最後のリベンジのチャンスとなったが、気負いもあったか、実力を発揮しきれずにストレート負け。今後も続くであろう松島とのライバル関係で切磋琢磨し続けてほしい。
 松島はサウスポーならではの厳しいコース取り、バックハンドの威力を増してきており、準決勝で岡本(TEAM ZERO 1Jr)に1ゲームを奪われたほかはすべてストレート勝ちと圧倒的な強さを見せた。
 3位には3回戦で渡辺民人(T.T彩たま)を破る金星を挙げたラリー強者の岡本智心と谷本拓海(卓栄Kid's)が入った。

【ホープス女子】張本美和が3度目の優勝

2連覇に安堵の笑顔がこぼれた

張本は両ハンドの攻撃力が増した

青木は準決勝で小塩との石田卓球クラブ同士打ちを制し決勝進出

 これまで、2年生でバンビ、4年生でカブを優勝してきた張本が初めて連覇を達成。準々決勝で竹谷美涼(初喜TTC)に接戦を強いられた他は、安定感のあるプレーで他の選手を圧倒した。サービス力、バック対バックでの安定感、両ハンドの決定力では5年生ながらこのカテゴリーでも群を抜いていると言っていいだろう。
 2位の青木咲智(石田卓球クラブ)は準決勝でバンビチャンピオンの小塩悠菜(石田卓球クラブ)との同士打ちを、攻撃的なプレーで制して決勝進出を果たした。
 3位には小塩悠菜と面手凜(T.Cマルカワ)が入った。

【カブ男子】岩井田駿斗が3度目のV

岩井田はバンビ2連覇から2年ぶりの優勝

岩井田は前陣でのバックハンドが冴えた

川上はセンスフルなバックハンドカウンターで岩井田を苦しめた

 ラリー戦に強さを見せ、バンビの部で2連覇を達成していた岩井田駿斗(誠卓球CL.)が表彰台の一番上に帰ってきた。中陣での引き合いに強かった岩井田だが、今大会では前陣両ハンドで先手を取る場面が多くみられ、特に、バックハンドの進境には目を見張るものがあった。
 決勝では川上流星(新発田ジュニア)が、精度の高いバックハンドカウンターで岩井田のフォア側を攻めたが、岩井田もこれに食らいついて応戦し、昨年の雪辱を果たした。
 3位には岩井田と接戦を演じた郡司景斗(スマイルTC)と伊藤佑太(ヴィスポことひら)が入った。

【カブ女子】佐藤希未が初優勝

一度はマッチポイントを逃すも強気のプレーで佐藤が初優勝

佐藤は攻撃的な両ハンドとコース取りのよさが光った

吉田は速攻で決勝へ

 優勝を狙っていたという佐藤希未(マイダス)は、安定感のある両ハンドに加え、試合運びのうまさを見せて、混戦が予想されたカブ女子を制覇した。決勝は吉田璃乃(KYOWA KIRIN TTS)との埼玉対決となったが、佐藤が粘り強い吉田のプレーを強気で攻めきって初優勝をもぎ取った。
 3位には香取悠珠子(卓桜会栃木卓球センター)と安藤海凜(明野ジュニア)が入った。

【バンビ男子】大野颯真が念願の初優勝

昨年決勝で敗れた大野が悔しさをバネに優勝

 決勝は昨年2位の大野颯真(ABBEY)と昨年3位の小林右京(ピンテック)の対戦となった。競り合う場面もあったが、し合いの主導権を握ったのは鋭いフォアハンドで攻めた大野。小林もラリーでの安定感は見せたが、大野の思いきった攻撃に屈した。
 3位には木方瑛介(T.T彩たま)と柴田洸(STライトニング)が入った。

【バンビ女子】石田心美がうれしい初優勝

フォアハンドの威力では群を抜いていた石田が初優勝

 石田心美(石田卓球クラブ)は決勝でカット主戦型の佐久間結生(卓桜会栃木卓球センター)のカットを力強いフォアハンドで攻略し初優勝。ドライブとスマッシュの使い分けはバンビ世代では頭一つ抜け出たレベルだ。佐久間も中陣からでも相手コートに確実に返すセンスは素晴らしかったが、石田の攻撃力に押されてしまった。
 3位には吉岡咲(マイダス)と木村朱里(さくら組ジュニア)が入った。

詳しい記録はこちらから
公益財団法人日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp/

(取材=佐藤孝弘)

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事

Page Top