1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. インターハイ
  5. 男子学校対抗、ベスト4が出そろう

男子学校対抗、ベスト4が出そろう

令和元年8月15日〜20日、鹿児島アリーナ(鹿児島)にて第88回全国高等学校卓球選手権大会が開催中。
大会3日目は男女学校対抗3回戦、準々決勝が行われた。男子は3連覇中の愛工大名電、昨年3位の遊学館、初優勝を狙う野田学園、昨年ファイナリストの鶴岡東がベスト4に入った。

【男子学校対抗準々決勝】
愛工大名電(愛知) 3-0 静岡学園(静岡)

愛工大名電、2番の篠塚は落ち着いたプレーで快勝

単複とも苦しんだ曽根(右)だが、きっちりと勝って静岡学園を完封

トップの後藤が曽根を追い詰めたが勝ちきれず


 3回戦で古豪・東山(京都)を大熱戦の末に破った静岡学園(静岡)は、男子学校対抗3連覇中の最強軍団・愛工大名電(愛知)に挑戦。トップは曽根対後藤は第1ゲームを先行した後藤が2対1とリードするが、曽根が強気のプレーで押し切って逆転。
 2台進行で行われた2番の篠塚対鈴木は、持ち前のスムーズな両ハンドドライブの連続攻撃で篠塚が3対1とし、愛工大名電が王手。
 ダブルスも静岡学園の後藤/松本が大きなラリー戦での強さを発揮し、2対1とリードするが、王者の意地を見せた加山/曽根が、台上でしっかり先手をとって逆転勝ち。静岡学園にはチャンスがあったが、それを実らせないのが王者の底力だろう。優勝を狙うためには、より少ない消耗で勝ち上がることも必要なのかと思わされる王者メインデンの勝ちっぷりだった。

【男子学校対抗準々決勝】
遊学館(石川) 3-0 関西(岡山)

遊学館トップの菊池は守備範囲の広いカット

大野は単複で動きのよさを見せた

関西の景山は3回戦のラストで大激戦を物にした


 表彰台の常連、遊学館に挑んだのは、3回戦で富田(岐阜)に1対2から逆転勝ちを収めた関西(岡山)だ。
 準々決勝のトップは遊学館のカット菊池が安定した守備で先制点を挙げると、大野も藤原をくだし、あっという間に遊学館が王手。
 遊学館は3回戦で敗れたダブルスを、吉田/大野に変更。これが奏功したか第1ゲームのジュースを取ると、ストレートで藤原/景山をくだし、ベスト4進出を決めた。明日の準決勝で愛工大名電に挑戦する。

【男子学校対抗準々決勝】
野田学園(山口) 3-1 明豊(大分)

インターハイ王者の戸上は中村の粘り強いプレーに苦しみながらも勝ちきった

最後のインターハイで気合いの入る宮川が4番で決勝点を挙げた

明豊の渡辺(左)/田原はダブルスで健闘。渡辺は今泉を破り先制点を挙げた


 2回戦で希望が丘(福岡)を破り、勢いに乗る明豊は3回戦で北科大(北海道)をストレートでくだしベスト8入り。準々決勝では野田学園を相手に、トップの渡辺が今泉とのサウスポー対決を制して先制点を挙げた。
 同時進行の2番は戸上対中村。調子が上がらないかに見える戸上だが、中村の粘り強いプレーを振り切ってゲームオールの末勝利。
 3番ダブルスもゲームオールの競り合いとなるが、宮川が動きのよさでチャンスをつくり、野田学園ペアが最終ゲームを物にした。
 4番は宮川対田原。今大会、存在感を示している1年生の田原だが、宮川のアグレッシブなプレーには対応しきれずにストレート負け。宮川のガッツあふれるプレーからは最後のインターハイにかける強い思いが垣間見えた。

【男子学校対抗準々決勝】
鶴岡東(山形) 3-1 明徳義塾(山形)

ゲームオール11-9で鶴岡東の櫻井が勝利

杉野森監督が決勝点を挙げた櫻井を激励

明徳義塾は手塚(右)/藤木のペアが一矢報いたが


 前半で、鶴岡東は小松が手塚を、佐藤が新名亮を破り、2対0で王手。このまま押し切る流れかと思われたが、ここで全中王者の手塚と藤木のペアが意地を見せて、接戦を物にして1点を奪い返した。
 しかし、4番は鶴岡東の櫻井が安江との激しい打撃戦で競り合いの末に勝利して、昨年ファイナリストの鶴岡東が再びベスト4入りを決めた。突出したタレントはいないものの、毎年夏は強い存在感を示す鶴岡東、今年はどこまで行ってくれるのだろうか。


明日の準決勝の組み合わせは以下の通り。

愛工大名電(愛知) - 遊学館(石川)
野田学園(山口) - 鶴岡東(山形)

卓レポツイッターでも速報を配信。ぜひご覧ください!

南部九州総体2019速報ページ:http://kirokukensaku.net/0IH19/discipline_060_20190817.html

(取材=佐藤孝弘)

\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事